内反捻挫 | サンテ整骨院へようこそ

サンテ整骨院へようこそ

福岡市博多区店屋町に本院があるサンテ整骨院グループのスタッフブログです。
天神整骨院、博多駅東整骨院、火の見下整骨院、と福岡県内に4院あります。海外にも進出中。
保険証が使える【交通事故対応認定整骨院】


テーマ:

 

こんにちは!

火の見下整骨院の吉田です!

 

今日は先日から通院中の患者さんについて書いていきます。

 

 

ハンドボールの練習中、切り返し動作をした際に右足関節を内側に捻った(内反捻挫)という女子高校生(1年生)が来院されました。

また、その練習後から同じ右側の膝裏も痛みを感じるようになったとのことでした。

患部をチェックしますと、右足関節に関しては外くるぶし前方下部にある前距腓靭帯部に圧痛と腫れがあり典型的な内反捻挫でした。よく聴くと、右足関節は何回も捻挫を繰り返しているとのことでした。

右膝裏に関しては、右ふくらはぎ(腓腹筋)膝裏付着部付近での炎症で、右ふくらはぎに強い筋緊張がみられました。

次に全体をチェックしますと、寝た状態で右脚が左脚よりも長く、骨盤も右側の方(寛骨)が左に比べ前に傾いており、ロックされた(硬くなった)状態でした。

この状態であると、腿裏やふくらはぎの筋緊張が強くなり、今回の様な膝裏の痛みも出やすくなります。また足関節の方もこの状態が影響して捻挫したことも考えられます。

施術は、治癒を促進させるために背骨の調整を行った後に骨盤矯正を行い下肢の長さを整え、これから練習があるということでテーピングも行いました。

調整後、症状は軽減されました。

一週間が経過しましたが、現在は練習も再開し飛び回っている様子。

しかし癖が強いのか右下肢の筋緊張はあるのでもうしばらく通院していただきます。

 

 

あうち

 

 

 

 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可

 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ


にほんブログ村



整骨・接骨 ブログランキング


 

 

 

サンテ整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ