義足歩行 | サンテ整骨院へようこそ

サンテ整骨院へようこそ

福岡市博多区店屋町に本院があるサンテ整骨院グループのスタッフブログです。
天神整骨院、博多駅東整骨院、火の見下整骨院、と福岡県内に4院あります。海外にも進出中。
保険証が使える【交通事故対応認定整骨院】


テーマ:

こんにちわ。

天神整骨院のうえむらです。

 

競泳の池江璃花子選手の白血病の報道があって数日、その衝撃に複雑な思いを抱えています。

 

なぜ、どうして、という衝撃を跳ね返すような、ご本人からのTwitterやマスコミ各社の報道にその強さを感じます。

 

病気との戦いは、今までの競泳選手としてしての戦いよりも、もっと大変なはずなのに…

 

困難に立ち向かう強い心に励まされるとともに、治療に専念して、元気な姿でまた私たちの前に出てきてほしいと祈る思いです。

 

 

ブログをご覧になってくださった方に、乙武洋匡さんという名に聞き覚えはありますか?

数年前に女性問題でいろいろあった方なのですが…

 

その乙武洋匡さんが小説を執筆し、その作品が店頭で発売されるためか、久しぶりにその名が耳に入り、執筆活動ではない、ある別の活動をされているのですが、それを少しご紹介できればと思います。

 

 

乙武洋匡@義足プロジェクト

 

それは表題にもした『義足歩行』なのです。

乙武洋匡さんは、五体不満足という著書でも有名な通り、先天性四肢切断といい、生まれつき四肢がなく、車椅子での生活を送られています。

 

普通、義足というと本来あるべき足を不慮の事故などで失ってしまい、それに代わるものとして装着するものだと、うえむらは思っていました。

 

着ける義足は最新技術を搭載したものらしいのですが、生まれつき足のない乙武洋匡さんにとっては、自分の足で歩く感覚を体感したことがないので、最新技術を持ってしても、歩く感覚を獲得するのは容易ではないそうです。

乙武洋匡さんのキャラクターなので、その紹介自体サラッとお話されていますが、想像を絶する困難だと思います。

 

 

 

 

 

それでも、乙武洋匡さんは困難に立ち向かい、ようやく7メートル進むことができたそうです。

 

池江璃花子選手もTwitterで言っています。

『乗り越えられない壁はないと…』

 

 

 

天神整骨院

うえむら

 

 

                                                        
サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村


整骨・接骨 ブログランキング

サンテ整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ