2月5日●新月のお願い事 | サンテ整骨院へようこそ

サンテ整骨院へようこそ

福岡市博多区店屋町に本院があるサンテ整骨院グループのスタッフブログです。
天神整骨院、博多駅東整骨院、火の見下整骨院、と福岡県内に4院あります。海外にも進出中。
保険証が使える【交通事故対応認定整骨院】


テーマ:

こんにちはニコニコ

いよいよ節分の豆を食べきれなくなってきた事務の東です口笛

 

 

節分も過ぎてしまったし、バレンタインネタは昨日江原さんが書いてるし、今日はなんかないかな~??と、ネットで検索していると・・・

 

 

2月5日、本日は新月皆既月食の様です。

 

 

(さく、英語:new moon)とは、太陽視黄経が等しくなること、また、その時刻のことである[1]。現代的な定義での新月(しんげつ)と同義である。

地球から見て月と太陽が同じ方向となり、月から反射した太陽光が地球にほとんど届かないことと、強い太陽光の影響とで地上からは月が見にくい。黄道白道が極めて近いか重なる地点(月の交点)で朔となった場合にである日食が起こる。皆既日食や金環日食時に新月の輪郭を見ることができるほか、地球照によっても新月を観察可能である。  

 

新月は、本来は朔の後に初めて見えるのことである。陰暦二日までは月はほとんど見えないので、陰暦三日ごろの月(三日月)が新月となる。1日の始まりを日没時とする文化があるのは、太陰暦では月の始まりを日没時に見える新月が観測される時点としていたからである(日#1日の始まり[2]。 初月(しょげつ)もこの新月と同じ意味である。「みかづき」の訓もある(ひ)も同様である。精密な天体観測がなされる前は、この新月の日を月初としていた。「ついたち」も本来は、この新しく見える月を意味した。この伝統的な意味での新月と区別するために、朔のことを暗月(あんげつ)と呼ぶことがある。

 

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

”朔(さく)”って言うんですね。初耳でしたびっくり

しかも、新月って、月が全く見えない時のことかと思っていましたアセアセ

ほんとは朔の次の、あの細~く見える、月のことだったんですね!

しかしながらどうやら現在では朔の時を新月っていうみたいですね・・・?

紛らわしくてよくわかりませんので新月だという今日、空を見てみたいと思います・・・ニコニコ晴れていたら良いのですが・・・

 

そして、さらにこんな情報を発見キラキラ

 

新月の日に願い事をするだけで、その願いが叶う…。

 

ほんとですか~おねがい??

なんともロマンティックですねイエローハーツ

 

サイトを読んでみると、お願いの仕方は紙に書くだけと簡単なものでしたが、月の月齢とかその影響がどうだとか月星座とか、なかなか奥深いもので、詳しくはとても書ききれないんで

興味のある方はこちらからどうぞご覧ください照れ

下矢印下矢印下矢印

http://moon-cycle.net/make_wish.html

 

こちらのサイトで自分の月星座を調べてみたら、かなり当っていてビックリしましたびっくり!!月に願いをなんて~!と、半信半疑でしたが、ちょっと今からお願い事もしてみようと思いますキラキラ

 

 

 

以上、事務の東でしたお月様

 

 

 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可

 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ


にほんブログ村



整骨・接骨 ブログランキング


 

 

サンテ整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス