肘部管症候群 (手の痺れ) | サンテ整骨院へようこそ

サンテ整骨院へようこそ

福岡市博多区店屋町に本院があるサンテ整骨院グループのスタッフブログです。
天神整骨院、博多駅東整骨院、宗像赤間整骨院、と福岡県内に4院、フランスに分院が1つあります。
保険証が使える【交通事故対応認定整骨院】


テーマ:

こんにちは

 

今回は肘部管症候群についてお話しします。

 

みなさんは朝起きたときに手の小指側が痺れてる!なんていう

ご経験はありませんか?

もしかしたらそれは、肘部管症候群かもしれません。

 

肘部管症候群とは簡単に言えば

肘の内側に走っている神経(尺骨神経)が圧迫されて痺れが出る

というものです。

 

 

肘の内側には尺骨神経溝という神経の通り道があるのですが、その尺骨神経溝から尺骨手根筋への入り口までを肘部管といいます。

 

この部で絞扼が生じることにより肘部管症候群が発生します。

(絞扼の原因)

・神経を固定している靱帯やガングリオンによる圧迫

・加齢に伴う肘の変形

・子供の頃の骨折による肘の変形(外反肘)

・野球や柔道などのスポーツ

・手の使いすぎ

 

 

(症状)

初めに小指と薬指に痺れが生じます。

麻痺が進行するにつれて手の筋肉がやせてきたり、

小指と薬指がまっすぐに伸びなくなります。(鷲手変形・鉤爪変形)

また筋力が低下することにより、握力も低下します。

 

(検査)

ティネル徴候

肘の内側上顆背側をたたくと、痛みが指先にひびく。

フローマン徴候

紙を母指と示指の間に挟んで検者がその紙を引っ張ると、母指を

曲げないと引き抜かれてしまう。

 

 

治療法としては保存療法が大事になってきます。

肘を曲げないこと、圧迫しないことを意識してください。

特に横向きで寝ている人は自然と肘を曲げて圧迫してしまっている

ので、注意しましょう。

麻痺が進行してしまうと観血療法(手術)で絞扼の原因となっている

ものを切除しなくてはなりません。

 

 

小指や薬指に痺れや違和感を感じましたら、まずはお近くの

プ整骨院にご相談くださいね照れ

 

 

以上、天神整骨院 伊藤でした。

 

1

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村


整骨・接骨 ブログランキング

 

 

 

 

サンテ整骨院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。