氏と姓と苗字と名前 | サンテ整骨院へようこそ

サンテ整骨院へようこそ

福岡市博多区店屋町に本院があるサンテ整骨院グループのスタッフブログです。
天神整骨院、博多駅東整骨院、火の見下整骨院、と福岡県内に4院あります。海外にも進出中。
保険証が使える【交通事故対応認定整骨院】


テーマ:

こんにちは。博多駅東整骨院駅 折居 俊樹 ですキラキラ

・・・そう、私の名前は折居俊樹(おりい としき)です豚

 

・・・は?こいつ何言ってんの?と思われたかも知れませんが、平常どおりですので大丈夫です口笛

 

皆さんは気になった事はありませんか!?

 

なぜ源頼朝(みなもとよりとも)や平清盛(たいらきよもり)、藤原道長(ふじはらみちなが)、蘇我入鹿(そがいるか)、小野妹子(おのいもこ)など昔の人物の読み方には、

が余計に付いているのか!!

なぜ自分は折居俊樹(おりいとしき)ではないのか!?

「Why Japanese People??

 

くだらないかも知れませんが、私はこういった系が気になるし大好きなのですニコニコ

 

なので今回のテーマは名前ですカエル

 

ハイっ真顔と言うわけで、さっそく調べてみました。

 

軽い気持ちで調べてみたらけっこう大怪我しました。歴史がたくさん出てきました龍掘り下げると大怪我するのは毎回ですがタラー

 

まず、例として彼をあげます

ご存知将軍様キラキラテロップにも書いてありますが、徳川家康(とくがわいえやす)さんですね。 あれ?「」は付かないみたいです。

しかし彼の本名はこれではないんです!

 

はい?と思うでしょ?でも正式名称は違うんですハッ

正式に細かく記載すると

 

源朝臣徳川次郎三郎家康

【みなもとのあそんとくがわじろうさぶろういえやす】

 

あ、出た「!!すごく長い!そして読みづらい!!おまけに意味も分からないカエル??

では解説しましょうOKその前にまず切りましょうハサミ

源(みなもとの)・・・氏

朝臣(あそん) ・・・姓

徳川(とくがわ)・・・苗字

次郎三郎(じろうさぶろう)・・・通称 

家康(いえやす)・・・名前

 

このように区分けされますハサミなんだか聞いた事のある感じですが、何が違うのか調べました。

 

氏(うじ)

・・・これは祖神や先祖を同じくする同族集団のことです。
例えば藤原氏はアメノコヤネノミコトを氏神として持ち、同一の祭祀を行います。大和朝廷時代には様々な氏が居ました。

  • 地名に由来する氏 -出雲氏、尾張氏、和邇氏、穂積氏、吉備氏、葛城氏、蘇我氏、毛野氏など。
  • 朝廷内の職掌(品部)に由来する氏 - 物部氏、大伴氏、阿曇氏、額田部氏、膳氏、日下部氏など。
  • 天皇に姓を賜わり新たに命名された氏 - 藤原氏、橘氏、源氏、平氏、豊臣氏など。

氏を呼ぶときは通常、間に「」を入れます。でました「」です!
なのでこの場合、源は「みなもと」と読みますカエル

ただ、氏は現在では苗字に変わっているため現在「の」はつかないんです。

 

源静香 (みなもとのしずか) ×

      (みなもと しずか)  ○

 

 

姓(かばね)

・・・姓はもともと氏の地位を示すためのもので、臣(おみ)や連(むらじ)などがありました。
天武天皇の時代に八色の姓(やくさのかばね)が制定され、整理されます。
八色の姓制度で姓は等級が上の順で「真人(まひと)、朝臣(あそん)、宿禰(すくね)、忌寸(いみき)、道師(みちのし)、臣、連、稲置(いなぎ)」の八つに分けられました。
これは朝廷が氏族を等級に分けて管理するためのもので、真人は天武天皇自身が称し、臣下は朝臣を最上級として分類されました。
しかし、平安時代になるとほとんどの氏族の姓が朝臣に昇格してしまい、八色の姓制度は有名無実化します。
結局、後の時代には姓と氏が混同・同化されていくことになります。

なので現代にこの意味での姓はもう無いんですねキョロキョロ


苗字(みょうじ)
・・・苗字(名字)は家でつながれた集団のことで、平安末期から鎌倉時代にかけて登場してきます。
氏は血縁や地縁での集団という意味が薄く、また同一氏族の増加が家系を区別することを困難にしました。
例えば平安末期になると朝廷は藤原氏だらけになって家系の区別ができなくなり、また朝廷の高位を占める藤原氏と地方で没落して細々と暮らす藤原氏は同一氏族とはいえ同一家系とは呼べないほど血縁も薄いのです。
そのため、家を区別するための字(あざな)として苗字が生まれました。
苗字は多くの場合、住んでいる館の地名、領地の地名、官職の名前を由来としました。

藤原さんの場合、○藤さんはだいたいそれです。

佐藤、加藤、伊藤、などです。ちなみ折居は志賀島限定の名字なので他県の折居も元は志賀島出身ですイルカ

 

通称(つうしょう)

・・・人名としての通称は通り名、二つ名、異名、字(あざな、本来の意味の字とは別物である事に注意)などと呼ばれる事もある。近世までは、本名(実名)は「諱(忌み名)」と呼ばれ、公言は避ける習慣があったそうです。これを実名敬避俗という。現代のあだ名とも違って名前由来とかではないようです。現代では尊敬や階級、年齢によって実名で呼ぶことがないのはこれにあたります。

次郎三郎は次男なのか三男なのかさっぱり分かりませんね。

 

例: 鶴田雅之さん・・・実名敬避俗のため社員が下の名前で呼ぶことはなく、通称「社長」を用いる。間違っても「ツルちゃん」や「マサくん」と呼ぶのは避けましょう。うふん。

 


名前(なまえ)
・・・これは説明不要でしょうか。親から貰った大事なものですね。

ただ、昔の人はけっこう名前も変わってます。自分でとか、上司によってとか様々な理由ですが。呼ばれてしばらく自分と気づかなかったこともあったでしょうねキョロキョロハッ

 

例 : 松平元康→徳川家康

 

検証終了

いかがでしたでしょうか?ちょっとした気持ちで知ろうとしたらずいぶんややこしくて怪我してないでしょうかゲロー

 

今回以外にも折居が知りたい、調べたい変な内容は尽きることがありません。何か気になる事がありましたら全力でググリますので体の不調ついでに疑問をお持ち下さいくま

 

以上、博多駅東整骨院 折居でしたパンダ

 

博多駅東整骨院はお子様連れの方を歓迎します。
産後ケアや育児にお疲れの方。
お子様とご一緒にご来院ください。

 

 

サンテ整骨院グループ

サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可
 

 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

にほんブログ村



整骨・接骨 ブログランキング

サンテ整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス