板金屋の小技

テーマ:

板金を加工する場合

できるだけ はさみで切らずに加工する方が 

雨漏りは少なくなります

箱型の物を作る場合でも

はさみを使わずに 作る方法を

八千代折り と呼んでいます

では そのやり方です

折り線を引きます

2の線は谷折り

1と3の線が合わさる様に折ります

まずは一辺を折って

2の線を少し谷折りします

もう一辺の線を折り

2の線を完全に折り二つの辺を90°に折ります

飛び出てた 三角の部分をたたんで

出来上がり

裏から見ると こんな感じです

これを四回繰り返せば 

箱ができます

 

屋根の上では直角ばかりではないので

今度は 5寸勾配の屋根で

垂直に立つ柱に合わせて折ってみます

一辺は直角に折り

もう一辺は 5寸勾配の屋根に置いた時

垂直になるように折ります

また折るための線を弾きます

1の線は 仕上がり時 垂直になる線です

2はまた谷折り

1と3の線が合わさる様に折ります

さっきと同じように折って2の線を軽く谷折り

始めに折った線が直角折りです

もう一辺を折ります

この辺が 垂直になる辺です

2の線を完全に谷折りし 

1と3の線が合わさる様に折ります

さっきと同じように三角をたたんで出来上がり

裏から見るとこんな感じです

 

 

これは 雨押え と呼ばれる

一階の屋根で 一番最後に納める

役物の納め方の 一例です

 

役物を納めた後 サイディングや 左官工事で

見えなくなってしまいますが

見えない所にも 小技を使い

雨漏りが無い様にするのが

板金屋の仕事です

にほんブログ村 住まいブログ 屋根・瓦へ
にほんブログ村