地震の地域のみなさま
だいじょうぶですか?
 
火曜日の夜 地震がおこったとき
私は眠っていました
仕事でつかれていたし カープは無残に負けるし
とっととふて寝していたんです
 
水曜朝いそがしく 前夜書いたブログをアップだけして
そのあと テレビや新聞で 地震のことをしり びっくりした次第です
 
私たちは豪雨の怖さがまだ頭にこびりついていて
大雨にびくつきますが
地震地域で雨まで降っていると聞くと 心配でなりません
 
 
 
そんなときも ごく普通のブログアップで ごめんなさい
 
 
 
水曜日は隔週で 朝早い 掃除の有償ボランティアがあります
 
100歳近い そのかたの元気に いつも脱帽なのですが
 
今回 「次回は畳もふいていただけると うれしいんだけど」
と言われ がっくり・・・
 
1回目のとき それを言われ
毎回 拭いてますがな
アピールせねば・・・
 
「どれだけのことを相手にしてあげたか」 より
「どれだけ 相手に満足感を与えられたか」 ですね
 
 
 
川で すずめが水浴びしていました
 
最初 7羽くらい 水浴びしていて
すごくかわいかったのに
スマホをさがして ごそごそいているあいだに
減りました

 
 
 
ある有償ボランティアの利用者さんが
 
「○○さんに はりがみをつくってもらったら
ビニールみたいなのに はさまれたようなのを作ってくれたの
そんなのをできる機械を持っているみたいよ」
 
と 言われます
 
うちにもあるわよー
 
○○さんも 自閉くんの母
 
自閉のおうちには ラミネーター あることが多いのよね
 
小さな写真などを ラミネートしてカードをつくって スケジュール管理や
意思表示につかったりしていました
 
 
自閉の子は スケジュールなどを 目に見えるかたちにすると
安定しやすいということで
保育所などで 行うと
他の子も喜んだとか 聞きます
 
視覚支援があるとたすかる人って 多いよね
 
私なんて テレビはいつも字幕だ
(それはまた 違う問題か)
 
 
 
ある利用者さんが トイレの電源をぬかれます
 
流したあと タンクにためるための水が流れるのが
もったいなく感じ
「これを抜いたら すぐ とまるから いいのよ」
と 言われます
 
抜いたらだめ
と 丁寧に説明しても 毎回ぬかれているのに
 
「ぬかない」
と はりがみしただけで 一切ぬかれません
 
自閉っ子への 口頭での説明とか
否定文より 肯定文のほうがいいんでしょうけど
 
この場合
「コンセントをさしておくこと」
より
「ぬかない」
のほうが 読む気になってくれます
長い文章は無理なんです
 
 
 
一方 そのお身内のかた(別所帯)
 
冷蔵庫のスイッチをきられます
 
戦後経験者は 電気を使い続けるということさえも
もったいなく感じられるんでしょうね
 
プライドも高めのかたに
「ぬかない」
は きついかな
 
と 「スイッチはいれっぱなしで おねがいします」
と 書いたら長いし・・・
 
 
時々きられています
 
 
 
そして 我が家
 
次男には 伝えることは メモで伝えますし
次男も 私への お願い事 (お金をおろしておいてほしいとか
弁当は いつ いらないとか) は
メモを おいてくれます
 
お互い相手の弱点を理解し
確実に 相手が忘れない方法を 使います
 
問題は トーサン・・・・
 
メモは読まない
 
メモは書かない
 
 
自閉っ子や 高齢者以上の支援が 必要なんだなあ
と 思う 今日この頃でした
 
 
 
 
 
 
 
ブロ友Hさん
「母」チャレンジでございます
 
ありがとうございます照れ
 
 
 
 
 
 
余談
一昨日は 呉の友人がカープ観戦
何時までいたのかきいてないけど
ネコをかっているから ネコ耳カチューシャうれしかろう
と 思っていましたが
カチューシャより 勝利をくれ ですよねー
 
きのうは 勝利の女神系 広島の友人が観戦
それでも負けるカープ
 
そんななか 母は体調不良
その話はまた今度
 
 
ではーー
 
 
 
 

↓ぽちっとしていただけたらうれしゅうございます


にほんブログ村

 
 
 

 

目がみえない 耳もきこえない でもぼくは笑ってる  障がい児3兄弟物語 (角川つばさ文庫)
目がみえない 耳もきこえない でもぼくは笑ってる 障がい児3兄弟物語 (角川つばさ文庫)
 
Amazon
 

障害児3兄弟と 父さんと母さんの 幸せな20年 (角川文庫)
障害児3兄弟と 父さんと母さんの 幸せな20年 (角川文庫)
 
Amazon