きのう 1月23日 つまり123は 長男の命日でした
丸9年です
 
長男の元担任の先生からお花が届きました

 
このところ
ご家族をなくしたかたへの 命日のメールはやめるようにしました
(節目のとしはともかく)
 
うちの長男の命日にも メールしなければ と 思われたら
申し訳ないし
私たちは これから 身内を失っていくことの多い時期にきていて
どんどんメールの数が増えていくからです
 
 
だから うちにも メールはもちろん
お供えもいいから
と 言っていますが
ある元担任と 施設でお世話になったかたからは
まだ いただいています
申し訳ないなあ と 思っています
 
 
そんな命日のきのう
 
朝もはよから 仕事
 
でも 仕事は午前中だけ
 
いそいで 帰宅すると いつもは時間にゆるい(←私と同じ)友人が
めずらしく もう マンションの下まで 車できています
 
少々待たせて 入浴介助でよごれた身体をきれいにして
しゅっぱーつ
 
 
まずは 食事
 
ゆっくりはなせるように すみっこの席を選んだら
ちょっとだけ うすぐらくて メニューがみえにくい私たち
 
やっと選んで
これと これ
 
と 指さすと
 
「で、3つから選ぶのはなにになさいます?」
 
「はい?」
 
「おそば 沖縄もずくの味噌汁  沖縄そば どれになさいます?」
と訊かれ
 
「え?え?え?・・・・と じゃあ そば」
と 慌てる友人
 
選ばないといけないものがあったなんて
見えてませんでした
 
 
私は
「中落ち肉(だったかな?)と タン どっちになさいます?」
訊かれ
 
「(え?両方じゃないのね えっと どっちにしよ)中落ち」
 
「はい かしこまりました」
 
「いや 待って・・・・ やっぱり タン」
(注文書に もう中落ちって書いていた店員すこし ムカッ)
 
 
そのあと 「シネ割りで ドリンクバーね」
と オーダーすると
(映画のチケットを先に買っておいたので そのチケットみせると
ドリンクバーかアイスのサービスあり)
 
「そのセットは ドリンクバーつきですけど?(よくみたら 大きく書いてあります)
なので アイスでいいですね
バニラ 抹茶 どっちですか」
 
と もはや おこられている気分
 
アイスあまり好きではなく
 
友人に 大部分おしつける
 
 
さて お会計
 
 
 
車に乗せてもらったときは
ドライバーは 運転する手間 ガソリン代をつかっているので
乗せてもらう者はせめて 高速代 払うべき
と 思っているので (でもETCだからその場で払えないし)
 
食事代を私がだすことにしました
 
 
レジのおねえさん(おばちゃん?)に
「別々のお会計ですか」
と 訊かれたので
「いえ 一緒に」
と 言うと 
 
「えーーーと ○○セット・・・」
と 私の食べたメニュー名をいいつつ
ボタンをおして 1280円とでて
そのあと おねえさん 無言で レジをうち
レジの機械の画面に
「ドリンクバー450円」と表示されました
 
えええ? ドリンクバー 無料だったのでは?
 
と 思っていると 「(二人分で 合計)1868円です」と
言われます
 
私の食べたのは1280円  友人のは1180円
ですが
それが 外税だか内税だか しらなかったし
金額も正確には 思い出せなくて
概算 合計で 2300円から2500円だと思っていたんです
(実際は2656円)
 
それなのに
ドリンクバーをたされて 2868円になったと勘違いしたんです
 
「ええええー おかしいじゃないですか
ドリンクバーはただでしょ」
 
と 言うと
 
「あら?
私 横のボタンおしたんだわ」
 
レジは そのメニューをおすと 値段が入るようになっていたようなんです
おねえさん 友人のたべた1180円をおすつもりが まちがえて
ドリンクバー450円のボタンをおしたようなんです
 
そのあたりになって
少しくらくらします
 
もし 間違いを指摘せず さらりと支払っていれば 1868円で すんだんだわ
 
その動揺をあらわさないように 2656円 払いました
 
それで レジの人が
「いやー ミスに気付いてくれてありがとう」
って 態度だったら すくわれるのですが
 
「なんだ この忙しいときに 面倒いいやがって」
という雰囲気で
まちがったレシートをにぎりつぶして なにやらしていました
 
 
 
店からでると 友人が
 
「ささきちゃん いい人だったんじゃね
ささきちゃんらしくなく びっくりしたわ
約1000円(すこし切り上げ) 得するところを 正直に 間違いを指摘したものね
腹黒いって 自分では よく言っているけど いい人じゃん」
 
と ほめてくれます
 
 
ちがーーーう
 
 
 
私 個人商店など ちょっとしたことで 売り上げが響く店では
ちょっとのおつりの間違いでも (私が得する場合でも)
もちろんいいますが
 
ある程度 大きい店では
時には いいんじゃね? って 思ってしまいます (いや よくない)
 
「ああーーーー
1000円 損したーー
間違っているっていわなければよかったーーー私のばかばかばか」
 
と 悔しがると
 
「ささきちゃん わかっていて 正しいこと言ったんじゃないの?
勘違いだったの?
1000円そんしたわけじゃないわよ
正しい代金支払っただけよ
それが人間として 正解の道よ」
 
「わーん
長男が 『おかあさん いつもご苦労様』って プレゼントしてくれたのかもしれないのにー」
 
というと
友人げらげら大笑い
 
そのあと なにをみても
「ああーーー1000円」
 
くやしいくやしい一日になりました (頭の回転の悪い 悪党)
 
 
 
さて
その後 目的のシネコンへ
 
友人は1回目
私は2回目の 「ボヘミアンラプソディ」へ・・・
 
予約せず 現地で チケットを買ったので
いざというとき トイレにいきやすい席はもううまっていました
 
でも ゆったりめの 位置の 通路側にさせてもらいました
 
 
 
音響の影響?
前半 椅子ががたがたふるえて
 
頻尿の私に ファーストジャブを与えます
 
しかも ドリンクバーで まあまあ飲んでます
 
 
二回目になると 細かいところを見ることができ
うれしい
 
映画内容も 音楽も もちろん好きですが
 
ブライアン・メイ役が ドストライク
ロジャー・テイラー役も ストライク
 
それも たのしい
 
なのに ラスト21分がちかづくにつれ 膀胱が 満員御礼
 
ああ
ラスト21分より前にすっきりしておくか
それとも 我慢しきるか
 
後者をえらんで 苦しみながら
感動のラスト21分を みました
 
ああ
もらすかと 思ったーー
 
歌詞は 長男にも あてはまる部分があり
そんなことを思いながらききました
 
なんちゅう命日の過ごし方や
と 思いつつ
これもありだと いうことにしました
 
 
 
安くなったお惣菜をさわぎながら 買って
長男にそなえるケーキを買って
店をでるころは 外は暗い・・・・
 
平日4時間駐車場無料 シネコンで さらに2時間無料時間プラス
 
それなのに さらにどうにかしないと 危うく 有料になるほどいました
 
 
帰宅したとき 次男は書道教室へ行っていました
 
トーサンは 義父の病院へいって 帰りがおそく セーフ
(義父 熱をだしていたようで
心配がつきません)
 
 
長男のことを思う 夜をすごしました 
 
 
 
ケーキ 前回ここのを買ったときは
三男といっしょにたべ 私がたべたかったチョコバナナを三男にとられました
 
きのうは次男にとられました
(なら 2つ買っておけー)
 
 
楽しい一日でした
 
 
9年前は 突然長男が死に
悲しむひまさえない 怒涛の時間がまだ 続いていたころです
 
あのころは 三男はいい子で 
通夜も葬儀も参列し
いそがしい親のかわりに 三男が自分のお世話係りに選んだのは義父
 
義父が三男をトイレにつれていったりしていました
 
その二人が今は入院中
 
去年一年怒涛の日々でしたが よく考えたら
 
平成全部 怒涛の日々だったかも・・・・・
 
 
それでも こんな楽しい一日もあるという 命日らしからぬ
一日でした
 
 
 

↓ぽちっとしていただけたらうれしゅうございます


にほんブログ村

 
 
 

 

目がみえない 耳もきこえない でもぼくは笑ってる  障がい児3兄弟物語 (角川つばさ文庫)
目がみえない 耳もきこえない でもぼくは笑ってる 障がい児3兄弟物語 (角川つばさ文庫)
 
Amazon
 

障害児3兄弟と 父さんと母さんの 幸せな20年 (角川文庫)
障害児3兄弟と 父さんと母さんの 幸せな20年 (角川文庫)
 
Amazon