昼に近くなりましたが
おはようございます。m(_ _ )m

日本のメディアは
楽しいでしょうね、
いろんな好きなことが
言えて。

中国人船長釈放:手続き終えチャーター機で帰国の途に

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)
近くで中国漁船が日本の海上保安庁
巡視船「みずき」に衝突した事件で、
那覇地検は25日、公務執行妨害
容疑で逮捕・送検された中国人船長、
※其雄(せん・きゆう)容疑者(41)を
処分保留で釈放した。

この問題、そもそも国内法で
粛々となんてものでは
ない、れっきとした外交問題
なんです。

世界中、昔から今まで、
領土問題、国境問題なんて
日常茶飯事、最終的には
軍事問題というか、他国
侵略まで起るようなもの。

要は戦争を起こさない
つもりなら、お互いの国の
実質的利益、体面を保って
どのように、終結するか、
あるいは、ジャブを出して
どこで引っ込むかです。

今回、漁船の船長が
中国政府の要員だと
したらジャブを出したのは
中国側、現場で毅然と
した態度で追い返して
いればそれで終わり。

しかし、漁船の船長が
個人的に起こした事件と
しても、逮捕をすれば
外交問題になるのは
必死、日本側は強烈な
ジャブを出したんだ
という意識がなければ
なりません。

 表でも裏でも、いろんな
交渉なり、動きをやり、
国際世論や相手国に
対してジャブの正当性を
訴える、その上で、相手の
出方によって幕引きを
図るということを想定して
逮捕にいたらなければ。

中国として、日本が
ジャブを放ったんだから
どの程度反撃したら
日本がどう動くかを
見るでしょう。

 ところがどうでしょう、
日本の仙石官房長官
司法に任せるとかなんとか、
そんなことは外交上の
駆け引きの中で、尖閣が
日本の領土であることの
単なる一つの主張なんです。

それと同時に、日本の
正当性をメディア、ネット、
外交ルートを通じて
訴える、その中で、
改めて尖閣の歴史上の
位置づけや、今回の
ビデオの開示とかを
国際的に広めつつ
中国政府にも説明する。

中国側の行動に対して
無反応としての対応と
行動を起こすことの対応で
中国側に日本がどこまでを
引き際と考えているかの
シグナルをかなり前から
予測させるということを
しなければ。

今回の最大問題は
日本政府が外交問題と
して把握せず、日本の
国内法で対処すれば
中国があきらめるとでも
錯覚したこと。

 もっとも、今回の不起訴と
いうことを想定していたなら、
戦術としてはうまくなかった
としても、一応国内法で
処理したという点で、基本
戦略はあったということに
なります。

 でも、まあ、普通は
逮捕しないで追い返し、
中国側に抗議し、それと
同時に尖閣が日本の
領土であることをしつこく
説明すべきだったん
でしょうね。

 しかし実体は、現場の
海上保安庁のかたがたの
国内法としては当然の
主張に対して、主管官庁の
前原さん、他の閣僚の意見
聞いたとしても、仙石さんや、
岡田さんでしょうから、
単なる筋論で逮捕しちゃった。

全閣僚、関連省庁として
外交問題として対応チームを
作ったようなウワサ全く
無し。

 となりゃ、順次エスカレート
していった中国の行動に
どうしていいかわからな
かったんでしょう。

 中国はまさしく外交ですよ、
ステップバイステップで
エスカレートしていったん
だから。

 どこで日本が動くか
冷静に見ていたんでしょう。

 まあ、こうなったら、
ヒラリー国務長官が
尖閣での問題は日米
安保対象であると
明言したタイミングでの
引き下がり、また形と
しては地検の判断での
不起訴は、逮捕して
しまったあとではまあ
やむを得ないと思います。

 マスコミや野党の多く、
評論家などは中国に
屈した印象を与えたや、
中国に間違ったシグナルを
送ったなどと批判して
いるけれど子供がない
ものねだりで、騒いで
いるようなもの。

逮捕時点で外交上
まずいなんて意見
言わなかったし、このまま
中国がいくらでも
エスカレートしていった
場合どうすべきか
なんて言わないし、
国民を導く立場の
メディア、評論家は
その責任を全く
果たしていません。

もっとも、このブログで
何度も意見を言って
いますが、メディア、
評論家はそんなもんです。

ついでに、いえば
中国は日本がどう対応
しようと、長いものには
まかれろという国と
思っているし、だから
すでに巻かれてしまった
米国がどうするかだけ
見ていたでしょうね。

中国政府は独裁ですから
日本との経済的支障は無視、
要は最終的に、軍事レベルの
行動までとりmす、で、その際
には米国がどう動くかですから。

 その意味でヒラリーの
表明のうえで釈放したんだと
正しくシグナルを受け取って
いると思います。

 ところで、個人的には
釈放にあたっては、仙石さんが
泣きながら、
「4人の日本人の命を救うため、
日本の中国に係わる産業の
擁護のため、中国の圧力に
やむなく屈して、国内法を
まげ、超法規的に釈放します」
と世界中に発信すれば
日本の領土主張は通りつつ
中国の無法を公然と
抗議できたと思うんですけどね。

何しろ、日本の産業界、
尖閣も、東シナ海油田も、竹島も
経済的に興味をなにも
もっていないんですから。

要は、沖の鳥島と違って、
これらの領土問題、日本政府の
メンツが主要な状況です。

とりあえずは、今回の経済優先の
幕引きでよしとするしかないのかなと
思います。

 それにしても、今からでも
ビデオ公開とか歴史的
経緯とか、労をおあしまず
国際的な広報活動すれば
いいと思います。

あ、昼になっちゃった。
それでは失礼します。m(_ _ )m