2003年5月9日に日本を
飛び立って以来、幾多の
事故を起こしつつも、
そのたびに研究者たちの
努力によって使命継続、
当初予定より、3年遅れて
ようやっと長い旅を終えて
地球にもどってきました。

小惑星探査機:「はやぶさ」完全燃焼 世界初の旅終え帰還 カプセル着地、確認

小惑星イトカワの岩石採取に挑んだ
探査機「はやぶさ」は13日深夜、
地球に帰還した。
月より遠い天体に着陸し、地球に
戻ってくるのは史上初。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)に
よると、はやぶさは午後10時50分
ごろ(日本時間)、大気圏に突入、
はやぶさ本体は燃え尽きた。



イトカワって「日本の宇宙開発の父」
と呼ばれたロケット開発で有名な、
故糸川英夫教授の名前からです。


火星と地球の間を回る、長いところで
540メートルの小惑星。


はやぶさは、2年4カ月、20億キロの
旅をしてイトカワに到着、でも、
姿勢制御装置や電池が壊れて
途中音信普通になったりして
しまいました。


でも、困難をくくりぬけ、イトカワの
チリや岩石などの試料をカプセルに
入れて?地球に戻ってきたんです。


アポロ13号以来の、それ以上の
技術成果とも言われる今回の
探査。


最後に、はやぶさ君は、自分は
燃え尽きならがも、高度七万キロで
分離したカプセルは地上に
届けることができました。


自分なりの判断のご紹介-はやぶさカプセル
はやぶさ:帰還したカプセル画像公開 午後回収へ

宇宙航空研究開発機構
(JAXA)は14日、大気圏に
再突入し、オーストラリアの
ウーメラ砂漠に着地した
探査機「はやぶさ」の
カプセルの画像を公開した。



下の動画はNASAが
撮影したはやぶさの
地球再突入のものです。


はやぶさは分解しながら
燃え尽きましたけれど、
カプセルがそばに
光って映っていますね。

はやぶさ君御苦労さまm(_ _ )m









30%OFF!!【6月下旬再販予約】アオシマ 1/32 スペースクラフトNo.01 惑星探査機...


¥1,470
楽天

※モバイル非対応






【TOY】アオシマ プラモデル : スペースクラフト [1] 1/32 惑星探査機 はやぶさ[...


¥1,890
楽天

※モバイル非対応






【予約】 小惑星探査機 はやぶさの大冒険


¥1,365
楽天

※モバイル非対応