2017年晩秋蚕・経過報告

テーマ:

 

ふ化から11日目のお蚕さん。

 

 

 

 

 

ふ化から今日で23日目。こんなに大きくなりました。

 

今回育てている黄繭種の「ぐんま黄金(こがね)」は、普通の蚕より1日早く糸を吐き始めます。なので、桑をあと2日間食べたら、お蚕上げです。

 

 

 

 

 

今日は、5令の5日目に当たります。当館の蚕たちは食べ盛り。

 

蚕が一生のうちに食べる桑量の割合は、1〜3令期で3%、4令期で9%、この5令期で88%を食べるのだそうです(東京農工大さんの資料より)。1頭が一生に食べる量は約100gとのことなので、当館の葉っぱを量って計算すると20〜35枚になります。

 

 

 

 

 

当館で今回飼育している蚕の頭数は4万5千頭です。今日は、ここに1日に12キロ/束 を24束 = 288キロ以上(枝の重さも含む)の桑を入れました。

 

 

 

 

 

これが1束12キロです。なるべくこの重さで作ろうと思っても、毎日収穫していると段々重い束を作ってしまいます。この間、秤で量ったら15キロを越える束を作っていました。15キロにもなると、腰にかなりのダメージです。

 

 

 

 

 

当館の1日の給桑回数は2回。午前中に1回目の桑を入れた状態。この1列に1回目の給桑で入れた量は12キロ/束 を4束 = 48キロ。

 

 

 

 

 

これが夜にはこの状態です。桑は食べ尽くされ、白い蚕だけになります。2回目の給桑分も翌朝にはきれいに無くなります。

 

 

 

 

 

いま収穫途中の桑畑です。5令期になってからバンバン切ってますから、この畑の桑は明日には全て取りきるでしょう。

 

ton-caraさんが養蚕WSの本日分をブログにアップされました。そちらもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

AD