JR西日本の大阪環状線を乗り鉄して落語会をはしごの落語三昧の1日でした。(笑)

スタートはJR西日本、天王寺駅より大阪環状線外回りで福島駅へ向かいます。かなり混んでましたが座ってなんぼ!初めてのJR福島駅での下車です。



JR福島駅の廻りを散策です。福沢諭吉の石碑は反対方向だったので次回と言うことで、こんな都会に立派な神社、福島天満宮です。



ほんまにグルメの街とよく言われる福島駅界隈です。入ってみたい店がいっぱいでした。昔々に連れて行ってもらった花くじらってこんな所にあったんやとびっくり!!(笑)



これは朝日放送です。落語のはしごをするのに時間的に大丈夫かとABCホールの下見です。(笑)



再びJR西日本JR福島駅に戻って大阪環状線の内回りにてJR大正駅へ向かいます。バッチリ座ってとっても綺麗な青空が車窓に流れています。JR大正駅に到着です。



JR大正駅から今度は大阪メトロ、長堀鶴見緑地線にて心斎橋駅へ向かいます。地上から長い地下を歩いて始発駅の大正駅の改札口です。まぁ言うてもあっという間に心斎橋駅到着です。


ランチは天津飯を食べたいと中華料理と言うことで大成閣へ。無料のお粥やコーヒーは魅力ですね!


入店して考えが変わり(笑)注文は青椒肉絲定食に!ピーマンのしゃきしゃき感が肉と絡んでとっても美味しいかったです。店の雰囲気もとってもよく、コーヒー飲んでゆっくりさせてもらいました。ごちそうさまでした。



この日の心斎橋角座は「松竹若手噺家の会」で副題が梅團治師匠に教えてもらったネタの会です。トップの出演が桂梅團治さんでびっくり!演目は「昭和任侠伝」まくらから穏やかな語りで、すっかり和やかな雰囲気を作り、私は高倉健さん大好きやから、余計に面白かったです。もう流石って感じでした。続いて笑福亭鶴二さん「馬の田楽」ほんまにめっちゃくちゃ笑わせてもらいました。アホの子供のしゃべりがおかしくておかしくて素晴らしい落語でした。次が喬介さんの「ねずみ」です。これでねずみは通算4回目ですが、ますます磨きがかかってきた感じでほんまによかったです。特に岡山弁のアホ声にて喬介ワールド炸裂で場内は大爆笑でした。中入り後は桂咲之輔さんの「鬼の面」しっかりしたしゃべりで中々よかったです。トリが笑福亭松五さんの「皿屋敷」ちょっと季節外れやと思いながらそつなくこなされて面白かったです。もうほんまに大笑いさせてもらいリフレッシュできました。ありがとうございました!



心斎橋駅から朝の乗り鉄の逆回りでJR福島駅へ。あんまり時間がなかったけど腹になんか入れておこうと、うどんに決定して有名店の「うどん讃く」へ。きつねうどんを券売機で買って頂きました。出汁が鰹が効いていてほんまに美味しいかったです。麺を聞いたら、麦の胚芽を入れてあるとの事、もちもちで独特な麺でした。とっても美味しくごちそうさまでした。



朝日放送のABCホールに到着したら雨の中をたくさんの人が並んではります。ABCラジオの生放送との事でアナウンサーが出て来て司会しての落語会です。開口一番は笑福亭呂好さんの「手水廻し」ほんま、そつのない落語で笑わせてもらいました。続いて笑福亭喬介さんの「七度狐」で会場内大爆笑。隣の人は落語が初めてみたいで、おもろいを連発でした。次が桂梅團治さんの「祝いののし」昼の角座とは違ったきっちりとした落語でラジオの生放送と認識しました。(笑)ドカンドカンと大ウケで面白かったです。ここで中入り。続いて登場が「待ってました!」笑福亭鶴二さんで演目は「猫の災難」もう酔っぱらいの形態がとても面白くほんまに笑いこけました。鶴二さん人情話も最高やけど、このようなバカ話もほんまにうまいし面白いです。最高でした。最後のトリは上方落語の重鎮、桂福團治さん登場で演目は「蜆売り」もうこの落語は古典芸能の芸術って感じで聞きいってしまいました。落語ってほんまに面白いです。奥が深いです。演じる舞台やら時間やら色々違うと出来も変わるやろうし、いい時、いい場所、いい落語が聞けますように…
本日も素晴らしい落語で心も身体もリフレッシュ出来ました。ほんまにありがとうございました!