城崎温泉旅行で宿泊させて頂いた「ゆとうや旅館」の正面です。門をくぐって、いにしえの風情ある佇まいに、心落ち着き重厚さを感じました。


門から正面玄関までの庭の広さにびっくり。
昔に皇族の方々がお泊まりになったとか…
ほんまに庭が素晴らしいです!

チェックインして、建物の古さを実感、ちょっと寒いです。(笑)しかし、目に見える物、全てが歴史ある古の世界です。廊下に天井にほんまいい感じです。木造2階建てに、部屋が上手く配置されていて、この日の部屋は311号室で「時雨」です。


部屋までの廊下が床が石を敷いてあり、壁のガラス戸に天井の竹細工に和の趣きが感じられて、とても素敵でした。お風呂の温泉ももっと狭いかと思っていたら、広いし全面石タイル張りで心地よく、ゆったり入れました。

部屋からの庭です。
とても心落ち着く庭で、裏山の借景の木々から小鳥のさえずり。苔むす石が飛び石との調和が素晴らしい。灯籠の明かりに心が揺らめきます。
一本の高い木は南天か桐の木なのか、緑の中に赤い実があり、別世界を醸し出しています。
ついつい、瞑想の世界に誘われました。こんな素晴らしい庭を独占できて良かったです!




お食事は、風情ある別室の個室でカニすきコース。お酒は香住鶴を熱燗で注文。
もう、ほんまにカニ、カニ三昧でした。
特に松葉カニの活けかに刺しは、花が咲いていてとっても美味しいかったです。
もう、ほんまにお腹がいっぱいで食べれません!

雑炊は別腹か…(笑)
お腹いっぱいやのに2杯食べてしまいました。
美味しいかったです。ごちそうさまでした。


朝も温泉に入って庭を眺め、朝食も美味しく頂きました。ほんまに泊まって良かったお宿です。
この古の世界のお宿をいつまでも、いつまでも続けて頑張って下さいね。ありがとうございました。
城崎温泉旅行は続きます。