詰将棋(五手詰め)追記

テーマ:
追記*下の私の解答間違ってました。
恥ずかしい。ごめんなさい。
別解と書いてた将棋連盟の解答が正解でした。
私、銀を取られたあとのこと考えてませんでした。あやや。詰んだと思いこんじゃいけませんね。


今日は、五手詰めです。

詰め将棋って、常に王手を考えなきゃなので
指した2手先の王手を先ず考えますよね。
私は、そうやって、詰め将棋を考えます。



(問題) 五手詰め 持ち駒 (飛車、銀)↓↓
最初の王手は、3通り考えられますが、次の王手も考えると、あれしかありません。





1手目 1五飛車です。↓↓
(馬の道を空けとく為にも桂が邪魔です。)




で、相手の2手目 同桂ですよね。↓↓



そして、3手目 玉の頭に、1四銀です。↓↓


で、4手目 玉の逃げ場は、2四玉しかありません。↓↓



そして5手目 存在感なさそうに見えた銀の
出番。3五銀で 詰みます。↓↓



(別解)
解答見に行ったら、将棋連盟は、2三馬で
詰めてました。↓↓



以外と簡単ですよね。詰め将棋。
次の次を考えながらすると、あら当たった
みたいな感じですよね。
解けると爽快です。(*^-^*)

明日は7手詰めに挑戦しますね。
でも、そろそろ限界かな。にやり