当ブログが2千回を超えたところで、突然、webがつながらなくなってしまった。

 

原因不明、修復手段なし。

 

ぼちぼちお終いにしてもいいか。

 

プロ野球選手は、2千本安打を打つと<名球会>なるものに入ることができる。

 

アメリカの殿堂入りほどの名誉はないが、それでも一応は名選手として後世にその名をのこすよすがとはなる。

 

<名球会>に比べることになんの意味もないが、当方のブログも、なんと、2千回、区切りとしてちょうどよい。

 

などと思いつつ、がちゃがちゃ、あちこちいじりまわしているうちに、あら不思議、またつながった。

 

というわけで、少し間があいたが、再開することになりました。

 

更新は、当方<元気>の証。

 

よろしく。

 

 

インドの孫娘一家が、帰ってくる。

 

社命による強制帰国とか。

 

日本もひどいが、一日の感染者四十万人超、死者数四千人の惨状に比べればまだましということなのだろう。

 

とりあえずは、ほっとしている。

 

安心しないで、マスク・手洗いを忘れないでね。

 

また会える日を楽しみにしているよ。

 

 

年取ると、人間、ふたつのタイプに分かれる。

 

ひとつは、体は丈夫だけど、頭が劣化している。

 

もひとつは、頭はしっかりしているけど、体がだめになっている。

 

あんたはどっちだ?

 

ふたつに限らんだろう。

 

両方とも元気な年寄りもいるし、どっちもダメってのもある。

 

そうではあるが、いずれどっかがだめになり、そしていなくなる。

 

避けられない事実。

 

<文藝春秋>六月号に、石原慎太郎が「晩節における『死』との対話」を寄稿している。

 

 

退院した姉のワクチン接種が6月と決まった。

 

梗塞性脳出血で、記憶・認知にまだら模様が入っている割にずいぶんと早い接種が決まったものだ。

 

当方、8月・9月接種予定のままほったらかしてある。

 

いずれ、ワクチンの配給量が増えてくれば、ガースー首相の言う通り、7月接種ができる。

 

そう思って、ほったらかしてある。

 

みててごらん、あまってますなんてことになるって。

 

どこにも出かけず、本でも読みながらゆっくり待っていることにしよう。

 

なっ、<みり>よ。

 

 

・・・   ソーダ ソーダ

 

 

 

インドの感染爆発が止まらない。

 

孫娘たち一家が心配だ。

 

インドも大変だが、日本もひどい。

 

GW開けの感染者数が増加している。

 

大阪が特にひどい。

 

重症者用ベッドの使用率は100%を超えている。

 

頼みのワクチンも、供給量がまるで足りないことが露呈してしまった。

 

ちなみに千葉県の状態を見ると、高齢者数は170万人。

 

市あたりの配給量は、例えば、浦安市では、5月ひと月で6千人分だそうだ。

 

こんな数じゃ、受付開始と同時に受付終了状態になってしまう。

 

おまけに、6月以降の配給は未定という。

 

事あるごとにダイジョーブと言っていたガースー首相の発言は何なのか。

 

いい事ばかり、自分の手柄みたいに言ってるけど、ダメなこともきちんとダメと言わなければだめだよな。

 

だろ、飼い猫<みり>よ。

 

・・・  ダヨ 

 

 

ドイツの森林管理官ペーター・ヴォ―ルレーベンの「樹木たちの知られざる生活」を読む。

 

ドイツばかりでなく欧米各国でベストセラーになっている本。

 

 

知られざる樹木の生態に驚かされる。

 

樹木は、子どもたちを教育し、互いにコミュニケーションを取り合い、助け合い、学習し、数を数え、記憶し、移動さえする。

 

脳もある。

 

樹木の脳は根。

 

脳があるから、感情もある。

 

に違いない。

 

著者は、そう推察している。

 

森がなぜ緑色に見えるのか。

 

これも面白い。

 

モノに色があるのは、モノが光の構成要素を吸収したり放射物に変えたりした後、加工されずに残った波長だけが反射してくるからだ。

 

その残った反射が、そのモノの色となる。

 

樹木の場合、葉緑素には欠陥があって、緑の色範囲を利用できない。

 

そのため、緑色をそのまま反射してしまうため、樹木は緑色に見える。

 

つまり、緑は光合成の残り物、すなわち、樹木が使わずに捨てた光のゴミなのだ。

 

てことは、例えば、深紅のバラの深紅も、光のゴミってことか。

 

われわれが花を見て<いいな>と思うのは、光のゴミを見て<いいな>と感心してるってことか。

 

面白いけど、詩にはならない。

 

 

もひとつ、こんな話もあった。

 

<ショウジョウバエ>も夢を見る。

 

カナダの研究者が発見したらしい。

 

ハエだって夢を見ている。

 

わが飼い猫<みり>が、寝ながらぶつぶつ言うことがあるが、あれはきっと夢を見ていたのに違いない。

 

なんせ、ハエだって見るんだもんな。

 

どんな夢を見ているんだろうか。

 

知りたいもんだ。

 

 

午後の気温 27度

 

今朝の体温 36・2度

 

今日も元気だ、コロナが恐い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の努力をあざ笑うかのように、コロナが猛威を振るっている。

 

孫娘たちのいるインドが格別で心配だ。

 

感染者数が断トツで世界一となっているが、致死率はアメリカ、ブラジルに比べると低いらしいが、そんなもの、なんの慰めにもならない。

 

じっとこらえるしかない。

 

手洗い、マスクを忘れずに。

 

用心に用心を。

 

 

千葉市のワクチン接種は二通りの方法で受けることができる。

 

ひとつは、集団接種。

 

もうひとつは、個別の病院・クリニックで接種してもらうというもの。

 

当方、集団接種の予約が取れている。

 

と言っても、8月と9月である。

 

7月中に高齢者接種を二回とも終わらせると言っているガースー首相の発言は、実態をまるで反映していない。

 

個別病院をあたってみた。

 

千葉市全体で350ほどの病院・クリニックが受け付けている。

 

こちらも二通りあって、だれでも受けられるところと、日ごろ、かかりつけの人間しか受け付けないところとがある。

 

前者は70か所ほどと少ない。

 

近所の二、三の病院・クリニックに確認したところ、ワクチンがなく受付は止めています、との返事だった。

 

圧倒的にワクチンが足りないんだよ。

 

足りないなら足りないなりに、現状と先行きの見込みをきちんと説明してもらいたい。

 

と思うのって、当たり前だろう。

 

なっ、飼い猫<みり>よ。

 

・・・  モット コエヲアゲレバイイノニ アタシノヨウニ

 

 

「安いニッポン 価格が示す停滞」 (中藤玲)を読み始める。

 

 

 

日本は、物価も給与も安い国になってしまった。

 

その実態を報じた日経記者の新聞連載が、まとめて書籍化された。

 

昨年、当方宅でテレワークを行っていた長男が言っていた。

 

日本は、今や韓国にさえ負けている。

 

所得の話である。

 

韓国だけではない。所得だけではない。

 

長男が言っていたのは、このことだったんだな。

 

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」なんて浮かれていた時代のつけが回ってきている。

 

つけが回るどころではない、ヤキが回っているんじゃないか。

 

当方などには初めてのショッキングなデータがいくつも紹介される。

 

思わず、「にっぽんがんばれ」と言いたくなってしまうよ。

 

貧しい国になってしまった日本ではなく、豊かで明るい平和な日本を子どもたちのために残してやりたい。

 

年寄りのせめてもの願いである。

 

そんなことを思わせてくれる本である。

 

 

日本もひどいぞ。

 

昨夜の体温  35・4度

今朝の体温  35・2度

 

今日も元気だ、コロナが恐い。

 

 

 

 

 

 

5月のわが飼い猫<みり>。

 

 

風薫る爽やかな五月。

 

のはずが、コロナ禍のもと、緊急事態宣言発令中のなんともうっとおしく重苦しい気配があたり一面に充満している5月、になってしまっている。

 

人間の精神状態を敏感に感じ取るわが飼い猫<みり>の気分も、そのせいですこぶるよろしくない。

 

不機嫌な5月の猫、である。

 

 

養老孟司先生とその飼い猫<まる>の日常を、先生の鎌倉の居宅で撮ったNHKの特番「養老先生時々まる」が、このところ再放送で流されている。

 

その<まる>、昨年末、18歳で死んだ。

 

いつも<まる>といっしょでしたよ。

 

いつもあるものがないって感じ。

 

<喪失感>ですかってよく聞かれるが、この言葉は、いま、ぼくの感じていることとは少し違う。

 

どう表現したらいいのか、まだ言葉が見つかっていない。

 

猫と一緒に生きてきた先生の悲しみは深い。

 

 

ワクチン接種の予約が取れた。

 

50何回目かの電話がつながった。

 

繋がって驚いた。

 

接種予約日は、なんと、一回目は8月22日、二回目は9月12日である。

 

何でこんなに先なのか。

 

たしか、7月中に高齢者の二回の接種を終わらせると、ガースー総理は言ってたぞ。

 

さくさく打つほどのワクチンがないんだだよ、きっと。

 

新型コロナ感染の初期対応に失敗し、感染爆発後に打つ手も、後手後手に回り、最後の望みワクチンも、確保がままならない。

 

これまでの死者数11人という台湾の例もある。

 

適切な対応を行っていればこんなひどい事にはならなかったのではないか。

 

政治家の劣化がはなはだしいと、よく言われる。

 

そんな政治家を選んでしまったのは我々自身。

 

日本の劣化は、我々の責任でもある、ということか。

 

 

久しぶりに、翻訳ミステリーを読みまくっている。

 

「花嫁殺し」 カルメン・モラ  スペイン発の警察小説。殺人の手法がすごい。脳に穴をあけそこにウジ虫を潜り込ませ、脳みそを食い散らかすことによって殺すというもの。

 

「BAD COUNTRY」 CB・マッケンジー  ネイティブアメリカンの刑事が活躍する。

 

「流れは、いつか海へと」  ウォルター・モズリー 主人公は元警察官の黒人私立探偵。

 

新味を出したいためか、設定、登場人物が変わっている。

 

それぞれに成功していて、よくできている。

 

面白い。

 

ミステリ―は最良のガイドブック(イアン・ランキン)を再認識しながら読んでいる。

 

 

稲毛・くまざわ書店で購入。

 

「安いニッポン<価格>が示す停滞」  中藤玲 日経プレミアシリーズ

「文豪の凄い語彙力」  山口謡司  新潮文庫

「ギフト」  原田マハ  ポプラ文庫
 

 

 

 

 

 

 

 

止まるところを知らないインドの感染爆発。

 

とうとう一日35万人を突破した。

 

ウイルスの重要な部分二か所が変異する二重変異株で驚いてはいられない。

 

三か所が変異する三重変異株も出てきて、猛威を振るっている。

 

感染力、重症化率ともに高いなんとも危険なやつらしい。

 

孫娘一家が心配だ。

 

 

今度のウイルスは、生き延びるため(だろう)、そのための最適解を求めて素早く変化していく。

 

やることなすこと、対応が早い。

 

日本では、ワクチン接種の案内が来てから十日もたつのに、電話一本繋がらない。

 

なぜそうなのかの説明もない。

 

ウイルスの生き残り戦術に完敗だな。

 

 

電話がつながらないのは、ワクチンが足りないせいだろう。

 

バイデン大統領との会談後、ガースー総理は、ファイザー社のCEOと電話会談し、何千万人分かのワクチンを確保したと自慢気に会見で語った。

 

あれは、嘘だった。

 

勝手な思い込みだったのだ。

 

勇み足じゃすまんだろうに。

 

新聞もテレビも、その後について一切報じていない。

 

官邸から口止めされてるんだよ、きっと。

 

親方日の丸、寄らば大樹の陰。

 

情ない。

 

恥ずかしい。

 

多少、八つ当たり気味だがな。

 

あんたもそう思うだろ、飼い猫<みり>よ。

 

 

・・・   アンタモ ソノタグイダロ キーツケナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽がどんどん大きくなっていって<赤色巨星>というものになり、やがて地球は飲み込まれてしまうんだよ。

 

真ん中の孫娘がまだ小さいころ、そんな話をしたら、えっ、ほんと、と、本気で怖がったことがあった。

 

だいじょうぶ、50億年も先の話だからと、あわてて説明したが納得したかどうか。

 

日本が無くなってしまうという話もある。

 

ユーラシア大陸とオーストラリアが引き合い、合体して超大陸アメイジアになる。

 

間にある日本は押しつぶされ消滅する。

 

こちらは2億5千万年後くらいのことだとか。

 

人間が今の状態の暮らしを続けていくと、地球は100万年ももたないという説もある。

 

50億年後?100万年後?

 

そんな先のこと、心配しても始まらない。

 

心配しなければならないのは、いまそこにある危機、新型コロナ問題だろう。

 

巧妙、狡猾、臨機応変、変幻自在。

 

新型コロナウイルスとして現れ、変異株が続き、二重変異株なんてのまでが出てきている。

 

この後、どんな新顔が現れるか、だれにも分らない。

 

すっかりコロナ慣れして、あまり怖がらなくなっているのも恐ろしい。

 

今日から始まった<非常事態宣言>も、期限の5月11日を過ぎればまた元の木阿弥、感染者が増えていくに違いない。

 

<非常事態>が<平常事態>になってしまうぞ。

 

年寄りの悪夢であってほしい。

 

 

インドの感染爆発が止まらず、心配だ。

 

空気感染してるんじゃないか。

 

孫たちの母親からのライン情報が、現実味をもって聞える。

 

はやく終わってくれ。

 

祈るしかないのか。

 

 

何とかならんか、<みり>よ。

 

 

・・・ ナランダロウナ ガマンシナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新聞報道からの推察ではあるが、インドの感染状況がひどい。

 

今日の発表では、新規感染者数31万4千人、死者数2千100人。

 

(アメリカは、6万9千人、730人)

 

ひと月前のインドは、感染者数5万人、死亡者300人、ふた月前は、1万人、100人だった。

 

この恐るべき急上昇ぶり。

 

何度目かのロックダウン発令中とか。

 

先日、動画つきラインでかかってきた孫たちはいたって元気そうで、コロナのことはあまり心配していなさそうだった。

 

大丈夫か。

 

実態がよくわからないせいか、日本にいる当方のほうがよほど心配になる。

 

はやく元に戻ってほしいよね。

 

生き残り戦略に関しては、人間よりもはるかに利口そうなウイルスめ。

 

ワクチン攻撃など,スルリスルリとかわして繫栄していく。

 

緊急事態宣言など屁とも思わない。

 

もう元には戻らない。

 

<緊急事態宣言状況>が、<日常>となる。

 

そんな恐ろしい世界が待っている⁉

 

年寄りの悪夢であればいい。

 

 

ワクチン接種券が送られてきた。

 

接種をうけるためには、まず、千葉市新型コロナワクチン接種センターなるところへ電話をせいと書かれている。

 

電話をした。

 

話し中で繋がらない。

 

朝いち、昼飯時、夕方の締め切り時間直前と、空いてそうな時間を狙って毎日3回かけている。

 

今日で五日目。

 

ずっと、お話し中だ。

 

必ず打つようにと、娘から厳しく言われているけど、これじゃあ何時になることやら。

 

ワクチンがまだ届いていない、なんて話も漏れ聞こえてくる。

 

いつになることやら。

 

打つ前に収束‼‼‼

 

なんてことになればいいよな、飼い猫<みり>よ。

 

 

・・・  イイヨナ ムニャムニャ

 

猫も寝言を言う。

 

ほんとです。

 

 

「花嫁殺し」 カルメン・モラ  ハーパーbooks

 

「まいにちハングル講座 5月号」

 

稲毛・くまざわ書店で購入。

 

スペイン発の警察小説。

 

 

外は夏日だというのに、暖房が切れない。

 

寒がり猫が、執拗に、暴力的にヒーターオンを要求する。

 

わが右ひざは、猫の爪痕で傷だらけだ。

 

今朝の体温。

 

36・4度

 

今日も元気だ、コロナが恐い。

日本のメディアではあまり報じられていないが、インドのコロナ感染者の急増ぶりがすさまじい。

 

ジョンホプキンス大学の発表によると、昨日の新規感染者数は21万7千人強。

 

10日ほど前は10万3千人、一月前は5万1千人だった。

 

ひと月で4倍。

 

今や、その数は、アメリカ、ブラジルを抜いて断トツである。

 

死者数も倍増している。

 

日本も、このところ急増しているが、桁が二つは違う。

 

人工が10倍以上とはいえ、これは単なるパンデミックではない。

 

超パンデミック状態じゃないのか。

 

インドに帰った孫娘一家が心配だ。

 

ーーー 付き合っていくしかないんです

 

ひとり日本に残って学生生活を送っている上の孫娘がつぶやいていた。

 

ウイルスを根絶することはできない。

 

上手に共生していくしかないんだろう。

 

コロナとの共生とは、今後も今の状態を続くということになるのか。

 

という気がしなくもない。

 

だとすると、これはえらいこっちゃである。

 

どうする、飼い猫<みり>よ。

 

覚悟しときな。

 

 

・・・   アタシャ ネムイ イチイチ ウルサイ

 

姉が退院し、やっともとの生活に戻ったと思っていたが、まだまだだった。

 

車の廃車手続き、自動車保険、駐車場、要らない生命保険の解約、入院手当の申告などなど、

 

これに必要な、印鑑証明、住民票などの書類をもらうのが、なんとも煩雑でめんどうだ。

 

あちこち駆けずり回っているうちに、あっという間に一日がすぎてしまう。

 

まあ、しゃーないか。

 

もう少しの辛抱だよな。

 

がまんせい、飼い猫<みり>よ。

 

アリゾナ州の居留地を舞台にした警察小説「BAD COUNTRY」を読み始める。

 

著者の処女作。

 

初めての作品にはずれがないと言われるが、これも当たり。

 

面白いが、一週間たってまだ三分の一しか読めていない。

 

はやく<日常>がもどってほしいよ。

 

「娘さんと美味しいものでも食べてください」

 

姉から5万円もらった。

 

半年間の手伝いのお礼のようだ。

 

ありがたく、ちょうだいする。

 

娘と、美味いものでも食べに行こう。

 

 

 

 

 

 

 

インドにいる孫娘からラインで絵の新作が送られてきた。

 

キャンバスに描かれた一風変わった自画像。

 

画面いっぱい、スーツケースに入った<大首絵>のようなアップが描かれている。

 

「自分の顔がスーツケースに入っているという設定」

 

「テーマは、父親の転勤でいろんな国に移動しなければいけないという状況にコントロールされている自分」

 

自作解説がつけられている。

 

<目>が素晴らしい。

 

というか、すごい。

 

不安、惧れ、戸惑い、プライド・・・。

 

十代後半の複雑に揺れ動く心情が見事に表現されている。

 

石田徹也の絵に触発されて描いた、とあった。

 

知らない画家だった。

 

図書館から画集を借りてこよう。

 

 

インドの感染者数の増加が心配だ。

 

今日の新聞によると、一日の感染者数が13万人を超えた。

 

みなさん、ご用心を。

 

またまた。

 

稲毛・くまざわ書店。

 

「『現代優生学』の脅威」   池田清彦  集英社インターナショナル新書

「モネのあしあと」  原田マハ  幻冬舎文庫

「Nunbers don´t Lie 世界のリアルは『数字』でつかめ!」  バーツラフ・シュミル NHK出版

 

「プロ野球名鑑 2021」  ベースボール・マガジン社

 

コロナなどどこ吹く風。

 

ひとり我が道を往く、飼い猫<みり>。

 

  

この半年、姉の入退院で狂ってしまった当方の生活に、また、もとの<日常>が戻ってきた。

 

<日常>などとことさらに言うほどのものではない.

 

掃除・洗濯・炊事をすませ、外に出るのは夕刻の徘徊のみ。

 

あとは、ひたすら本を読み、晩飯時のビールを楽しむ。

 

何もない何もしないこの時間が、当方にとって至福の<日常>だった。

 

それがやっと戻ってきた。

 

退院後の姉の生活は、ヘルパーさんと訪問リハビリの介護士さんに任せておけばいい。

 

当方は、郵便物やもろもろの支払いの確認などのため、週一行けばいい。

 

月一、病院への送迎もあるが、これは当方の生活にプラスされた新たなアクセントみたいなもので、苦にはならない。

 

<日常>が戻り、一番喜んでいるのは飼い猫<みり>かな。

 

それにしても、人間って、こうも簡単に壊れてしまうんだ。

 

そんなことも教えられた半年間だった。

 

回復を願うしかない。

 

 

インドのコロナ感染状況が凄まじい。

 

今日の新聞発表によると、感染者数が11万人を超えている。

 

二週間前に比べて倍増している。

 

商業都市ムンバイが感染爆発の震源地らしいが、ウイルスに国境はない。

 

ニューデリーにいる孫娘たちが心配だ。

 

マスク、手洗いを励行し、密を避ける。

 

用心してね。

 


暖かくなり、飼い猫<みり>がしきりに外に出たがり始めた。

 

春ですな。

 

今日は、隣の小学校の入学式だった。

 

正装した若い両親に連れられた新一年生が、大きなランドセルに背負われながら新しい出発を喜んでいる。

 

春です。

 

ーーー  花の旅だけは中止にしたくなく    (新聞)

 

旅に出たい。

 

 

ノーベル賞受賞の生物学者が書いた話題の本、「WHAT IS LIFE?」ポール・ライスを読み始める。