故・「長田 正松」氏とは… | クエン酸の効果やサイクルで疲労回復!!クエン酸健康法でつかれず体質に改善!!kuensan

クエン酸の効果やサイクルで疲労回復!!クエン酸健康法でつかれず体質に改善!!kuensan

数ある健康食品の中で、誰彼構わず、あらゆる病気や疲れに効果のあるクエン酸を多くの方に知って頂きたい。 身体のお悩み・疲労回復・健康に懸念のある方は是非お読みになって下さい。楽天市場,通信販売,通販,ショッピング,つかれず,酢,つかれ酢,効果,梅酢,国産,安心,安全


テーマ:

クエン酸の先駆者で数々の偉業を成し遂げてきました。



その歴史を簡単にご説明いたします。



・1951年11月 呉羽紡績株式会社長岡工場新設に在職中、自身の肩こりを酢を飲用して直したことから、酢の効果を知りその普及を志し、1962年に著書『酢で疲れが消える』を自費出版。



・1965年10月 上京し。有限会社つかれ酢本舗を創業し、代表取締役社長として、酢の中のクエン酸を「つかれ酢」と名づけ、その普及事業を開始する。



日本全国に「つかれ酢普及会」を設立し商品を販売。



栄養士・衛生管理者の資格を取得し、「お酢博士」を名乗って活動、関連著書を多数出版。



つかれ酢本舗社員・つかれ酢普及会(販売店)・同社商品愛用者らとともに「日本愛酢会」を結成し代表となる。


その後、参議院選挙に二度立候補している。



二度とも公約を織り交ぜながらも、専ら自身が考える酢の効用と、酢によって不老長寿・無病息災を実現することを主張した。


・1993年に出版した自著『クエン酸は神薬です 酢の健康法 普及版』の「あとがき」の中で、「金儲けでないと思って、安くして広めています。幸い広告不要で、鼠算的に広まりつつありますが、広告しなければ限度があります。それで広告の方法として参議院選挙を利用することにしました。


勿論当選したら国会から大いに酢、クエン酸を宣伝しますが、当選しなくても広告になりました」
と述べ、宣伝や売名のために立候補するような存在が問題視された。



・選挙後「日本愛酢党」は解散した(なお「日本愛酢会」は存続し、酢の普及・宣伝活動などを行った)。



~Wikipediaより引用~

・今現在、「つかれ酢」は、創業社長の長田正松氏亡き後、会社方針は大きく変わり、「つかれ酢」という名はあれど、従来からの社員を解雇し、普及会も解散させました。



全国に名を広め、普及会や支持者に確固たる信頼を得てきた長田正松氏の精神は今の「つかれ酢」には残ってないものと言えます。


クエン酸普及会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス