旅を振り返った

テーマ:
ひさびさの更新ですビックリマーク

今日、去年の夏に参加したチェンジメーカー留学 in ベトナムで同じ2期生だった関西方面の大学の子と会ってました。

ベトナム留学が終わって以来の対面だったので、ベトナムに行っていた頃の思い出、そして、留学終了後のボクのバックパックでのタイ、シンガポール、留学では行けなかったベトナムの都市(ハノイ、ホーチミン)、帰国後1ヶ月後の台湾旅行の話。

そして、お互いの現状、将来の夢について熱く語り合いましたニコニコ

再会した場所が横浜であったというのも、去年の旅を想い起こしてくれました。

というのは、横浜はシンガポールと台湾に似ていて、「こんな風景だったなぁ」「懐かしい」と感じたからです。

ボクは留学に参加している時と、今の自分はすごく変わったと言われました。

ちなみに、行く前の自分を知る人は、行った後は変わったと言う方が多いです。

それを言われる度に「ボクは変わった所は何だろうはてなマーク」と考えました。

いろいろ考えていく中で、やはり変わったなと思うことがありました。

それは…

☆自分から進んで行動することの大切さを知ったこと

☆人へ感謝の気持ちを抱くこと

そして何より、素直な気持ちになれたことです。

留学に行く前のボクは、他力本願で、あまり自分から行動を起こさず、知り合いが助けてくれると思って、自分から何かを得ようとは思ってませんでした。

それなのに、自分で行動を起こしたと思い込み、人への感謝の気持ちはなかったのではないか…と振り返って思いました。

そして、ボクは素直な気持ちを持っていませんでした。

いつも強がってばかりで、ベトナム留学の時も、そういう面があったなぁと振り返ってみて感じます。

今、バックパックの旅は最高だったと言ってますが、行く前は本当に不安でした。

しかし、そんな自分を変えてくれたのが、ベトナム留学、バックパックでの旅でした。

日本では見ることのできない景色を見た時は、本当に感動したし、現地の文化を体験して新たな発見をし、現地の人達が日本を好きであることに嬉しさを覚えた。

道中、ぼったくられたり、怖い犬に追いかけられたりしたけど、それも全て今楽しかったと言えるのは、出会った人、新たな発見があったからだと思います。

そこから自分の勇気も芽生え、今も自信を失わずに前を向いて生きている…

今日、ひさびさに留学仲間と会って、そう感じました。

この出会いがあったのも自分と関わってくださった方のおかげ。

多くの方との出会いにより、ボクは今も、そしてこれからも頑張っていけそうですビックリマーク

いや、頑張るんだアップ

いつかまた、このブログに旅の記事をたくさんUPしていきたいビックリマーク

途中の台湾編も必ず書きます(^_-)-☆




iPhoneからの投稿
AD

お久しぶりです。

テーマ:

12月になった。


先月1日から10日まで台湾を一人旅していたのが嘘みたいあせる


あっという間に時間が過ぎた。


さて、この「旅ブログ」の台湾編を書いていこうと思っていたけど、現在とても忙しい状況なのでしばらく更新を休むことにします。


読んでくださっている方々には申し訳ないですが汗


ですがきっとまたいつか台湾編の続編、そしてまた新たに旅した場所の記事を書いていこうと思いますアップ


海外に出てみて得たことはたくさんあったし、考えることもたくさんあった。


ボクが旅したことは、きっと未来の自分につながっているキラキラ


そう信じてこれからも頑張りますキラキラ



旅ブログ 続く....





AD

你好 ~台湾の旅①~

テーマ:

トナム、タイ、シンガポールの旅を終えてから1ヶ月...


Twitterのプロフィールにも書いてあるのだが、ボクは「まだまだ旅をしたいお年頃」である。


今、大学3年生であり来月からは就活が始まる。


就活が始まるとそう簡単には旅などできないあせる



「残された短い時間で行きたい場所に行ってしまおうビックリマーク


...と思ったボクは以前から行きたいと思っていた場所に向かった飛行機



回旅した場所は日本でも人気の台湾ビックリマーク


台湾といえば、ショッピングやグルメ、マッサージなど日本の人が好むスポットがたくさんあるのだが、ボクは一応バックパッカー(..と呼ぶにはふさわしくないかもしれないがあせる)なので、そういう目的で台湾に赴いたわけではない。


クの父親が大学生の時に、初めて海外で旅した場所は台湾だったそうだ。


台湾の豊かな自然、そして現地の人の温かさ。


父親が旅行した時の話を聞いたことがある。



「台湾は親日国だし、ベトナムでもタイでもそうだったけど、アジアの人々って独特の温かさがあるよな。」


「ボクもその温かさを感じてみたいキラキラ



...というのが最初の理由。


そして、ボクが旅した期間は11月1日から10日。


この期間は大学の学園祭シーズンで学校が休みだった。(休みだったのは3日から6日までで、それ以外の日は授業があるのだがあせる


「台北とかよく日本人が集まる場所だけじゃなくて、短い期間でもっといろいろな場所に行きたいな。」と思いいっそのこと縦断旅行としようビックリマーク


...という結論になり、「台湾縦断」を目標に旅立つことに...




Someday


11月1日。 午後16:00 成田空港到着。


フライトは18:35成田発 台北・桃園国際空港行きである。


着くのが夜遅くになってしまうので、あらかじめ空港近くの安いホテルを予約しておいた。



Someday


16:00ともなればもう日暮れかぁ...


しばらく日本の夕焼けともおさらばである。



Someday


フライトの案内板。 台北行きはどれだろうはてなマーク



Someday


空港に来て、飛行機を見るのが好きであるキラキラ


あの飛行機はどこへ行くのかなぁ...



Someday


喫煙所にて。


タバコを吸う際、ライターを忘れてしまったので火を借りた。


この方は、六本木でDJをやっていたというアメリカ人のトミーさん。


台北行きの隣のゲートはバンクーバー行きであり、故郷へ帰るのだそうだ。



「空港からもう旅の出会いは始まっているビックリマーク


そう思い、これからの旅にも期待した。



....待つこと1時間半。



Someday


ようやくフライトの時間。 外はもう真っ暗だった。


今回使った飛行機はJALなのだが、台湾行きの飛行機は他にもエバー航空、中華航空...とある。


「JALは高かったから、中華航空とかにすれば良かったなあせる


もうちょっと格安の航空会社を研究すればよかったあせる



ライトの時間は3時間半。


台湾は日本と1時間の時差があるため、着いた時に腕時計の時間を設定する。



Someday



你好 台湾音譜 


台湾に着いたのは現地時間 21:20 (日本時間 22:20)


案内板が漢字ばかりであるが、だいたいの予想はつく。


タイやベトナムの看板はよくわからなかったがあせる



Someday



Someday


イミグレーションをする前に、日本円を台湾元に換金。


3万5000円を換金し、13500元に。



Someday


台湾の街中にもある台湾銀行は外貨の両替もやっている。


ホテルやデパートでもできるそうだが、レートがいいのは台湾銀行らしい。



Someday


イミグレーションを終え、「台湾ついに来たぞビックリマーク」と思っていたが、ホテルまで行くのにどうすればよいだろうはてなマークと考える。


以前(記事 http://t.co/YeZsVEbO )も書いたのだが、ベトナムのハノイにてマフィアタクシーの餌食になったため、タクシーに乗るのは抵抗がある。


桃園国際空港は台北市内から離れているため、市内に出るのも時間がかかる。



Someday

 

外で一服しながら、考えていたがタクシーの勧誘とかはなかった。


「安全だなニコニコ」と思い、タクシー乗り場を探してホテルまで向かうことに。



Someday


台湾のタクシー。 黄色の車体が目印。


ハノイのマフィアタクシーも黄色だったが、このタクシーは至って安全ニコニコ


予約しておいた桃園のホテルへ向かうことに車



Someday


1時間ほどでホテルに到着。 ホテル名はHua Yue Hotel


桃園地区の中では格安のホテルだった。(一泊 800元 日本円に換算すると1600円くらい)



Someday



Someday


チェックインしてから、ホテルの周りをぶらぶらしてみたが危なそうな雰囲気はなかったニコニコ


ただここは海外ビックリマーク 羽目を外すと痛い目に遭うので注意ビックリマーク



の日は台湾に到着したばかりの日。


「明日はどこへ行こうかな音譜」と期待に胸を膨らませ、台湾の旅は幕を開けた。




続く....





AD