「renovation」 before after

テーマ:

酷暑となりまして、木陰が欲しくなるこの頃、皆様お元気ですか!

元気があれば、何でも出来る!

私は、営業部の森です。ブログは、初心者なので、上手くまとめれるかどうかわかりませんが、どうぞよろしくお願いします。

 

さて、今回紹介しますのは、先日工事が完了しました「リノベーション(リフォームよりも大規模な改修工事で、既存の骨格(構造)だけを残し、用途変更や機能の高度化を図り、建物に新しい価値を加えること。)」の施工例です。

 

三協ハウジングは、新築戸建住宅のみでしょ!と言われることがありますが、リフォーム関係もたくさん行っています。

 

 

改修建物は、築30年の一戸建の木造住宅で、1階部分が工事対象です。

 

■写真は、解体前の一部です。

 

 

■30年間の思い出がいっぱい詰まった住まいですが、生まれ変わるために、解体をしました。※外部壁は、殆ど残しました。

 

 

■これからは、写真でビフォー・アフターをご覧いただきます。

 

ビフォー①

アフター①(和室の段差や壁がなくなり、広い空間になりました。床材は、DAIKENの日本の樹・杉を使用しています。

        構造上、外すことが出来ない柱と柱の間に格子タイプのスクリーンを施し、お洒落を演出しています。)

 

ビフォー②

アフター②(和室の元々の収納や出窓の位置は、そのままです。キッチン前にマガジンラックを設けました。)

 

ビフォー③

アフター③(収納を設けたり、シングルガラスのサッシに内窓を取付ました。)

 

ビフォー④

アフター④(元々は、別室だったダイニングスペースを同じ空間にし、キッチンとなりました。

        システムキッチン及びカップボードは、TOTOの商品です。)

 

ビフォー⑤

アフター⑤(洗面化粧台は、LIXILのW=1,200のお洒落な商品をセレクトしました。床材との色合いもGoodです。)

 

ビフォー⑥

アフター⑥(システムバスは、柔らかい「ほっからり床」が人気のTOTOの1717タイプの商品です。

        ちなみに 浴室暖房換気乾燥機や入口引戸は、三協の標準仕様です。

        ご主人のこだわりで、ブローバスにしました。)

 

 

 

 

 

 

 

アフター⑦(元々の勝手口ドアは、ペアガラスタイプに入れ替えしました。同じ空間にミニシューズクロークと洗濯機スペースを設けました。ガラスブロックは、奥様のこだわりです。)

 

 

 

お引渡し後にお伺いした際「三協さんにお願いして良かった!すごく快適に過ごしています。あまり外出しなくなりました(笑)」

とおっしゃっていただきました。この言葉に感謝をし、この仕事に誇りを持って、これからも頑張っていこうと思います。

それでは、See you next time!