食品コレステロール摂取(卵の摂取)が1日当たり300mg増加するごとに、心血管系疾患(CVD)発症リスクおよび全死亡率が有意に上昇することがJAMA誌に報告されました(それぞれ1.17倍、1.18倍)。

 

 卵の摂取が1日1/2個増加するごとに、CVD新規発症リスクおよび全死亡率が有意に上昇しました(それぞれ1.06倍、1.08倍)。