犬の散歩中に骨折する高齢者が倍増していることが明らかになり、「JAMA Surgery」誌に掲載されました。

 

 骨折の4分の3以上は女性で発生し、骨折の部位は大腿骨近位部と上腕が最も多い結果でありました。また、全ての骨折の約半数は上半身で起こっており、リードを持つ手首と上腕、指、肩で多く見られました。

 

 高齢者は、定期的に犬と散歩することで、心身双方の健康が改善するといわれていますが、骨折には十分な注意が必要です。