北海道大学の研究グループは、脳内のヒスタミン神経を活性化する薬ベタヒスチン(商品名 メリスロン)が、記憶痕跡を再活性化させることを発見したと発表、詳細が「Biological Psychiatry」誌に掲載されました。

 

  アレルギー関連物質として働くヒスタミンは脳内にも存在し、睡眠や食欲と共に記憶にも関わると考えられ、ヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬は記憶成績を低下させることが知られています。  

 

 あらかじめ参加者にたくさんの写真を見せておき、記憶テストでは再びたくさんの写真を見せて、その中から覚えている写真を選んでもらった結果、ヒスタミン神経活性化薬ベタヒスチン(商品名 メリスロン)を飲んだ群で、統計的に有意に正解率が上昇し、特にもともと記憶成績が悪い参加者ほど薬の効果が大きいことがわかりました。