米国アレルギー・喘息・免疫学会(ACAAI)は、「卵アレルギーのある人でもインフルエンザワクチンの接種は安全であり、医療従事者が接種前に卵アレルギーの有無を確認する必要もない」とする診療指針(practice parameter)を発表し、「Annals of Allergy, Asthma and Immunology」誌に掲載しました。

 

 インフルエンザワクチンの多くは鶏卵で培養したインフルエンザウイルスを使用しているため、わずかに卵由来のタンパク質が含まれています。しかし、卵アレルギーがある人ではインフルエンザワクチンの接種によるリスクがアレルギーのない人を上回ることはないという明確なエビデンスが確立されています。たとえ重度の卵アレルギー患者であってもアレルギー反応を引き起こすほどではないとされています。