貧血症は血液検査によって診断されますが、新しいスマホアプリでは、スマホで撮影した指の爪の根元の写真の色から、ヘモグロビンの濃度を分析することで貧血症を検出できるようになり、「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載されました。

 

 その他にも、うつ病、HIV、近視など、さまざまなアプリが活用されています。