乳がんの家族歴がある女性は、30歳代のうちから定期的にマンモグラフィ検診を受ける必要があることが、米ニューヨーク大学(NYU)の研究で示され、北米放射線学会で報告されました。