国立がん研究センターは、子宮頸(けい)がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染しているかどうかを調べる検査を、検診として初めて推奨しました。

 

 HPVに感染しても、免疫の働きで自然にウイルスが消える人も多く、がんになる人はごく一部。しかし、体内にHPVが残った場合、ウイルスを取り除く薬はありません。そのため、感染が判明した人は、医師の診察を受け、経過を観察することで、がんになる前に病変を切除するなどの治療ができる可能性が高くなります。