夫婦の激しい対立は、腸の透過性亢進により、腸内細菌叢の乱れで産生された細菌内毒素が血中に放出され、炎症関連疾患を引き起こす可能性があることが、Psychoneuroendocrinology誌に報告されました。
 

 炎症は加齢に伴い増加するため、高齢者ではその影響がより深刻になる可能性がある、と指摘しています。