高校野球・夏の甲子園大会は、多くのファンを魅了する国民的イベントですが、夏季の高温化が進む中、炎天下での開催を問題視する声が多くなっています。
 

 選手の健康を守る上で採用するべき措置として、今年導入の「タイブレーク制」に加え、「ナイター開催」、「秋開催」、「ドーム球場開催」など抜本的な改革を検討する必要がありそうです。
 

 国民的イベントであるだけに、選手や観客の健康面での安全性を改善しつつ、伝統が継承されることが求められます。