暑さのせいで運動パフォーマンスを落としてしまう要因の一つは深部体温(体内の温度)の上昇。深部体温を冷やすコンディショニング法の一つとして注目を集めているのがアイススラリーです。「スラリーとは液状の氷のこと。微細な氷と液体が混合した流動性のある氷です」氷が解けるときに周りの熱を奪う融解熱の作用によって、高い冷却効果が得られます。
 

 実際には、「スポーツドリンクを凍らせてミキサーで砕いたものを密閉性の高い魔法瓶に入れておき、運動前や運動の合間などに、こまめにとる」のがよさそうです。なお、水で作ろうとすると、クラッシュアイスになってしまい、スラリーにはならないようです。
 

 アイススラリーはとても冷たくて、一度にたくさんは飲めません。必要な水分がアイススラリーだけで補えるとは考えず、脱水を防ぐための水分は別途とるように心掛ける必要があります。