米国心理学会(APA)が発表した「仕事と幸福感に関する調査(Work and Well Being Survey)2018」によると、労働者の6割以上は休暇によるリフレッシュ効果は、仕事に戻って数日以内に消え去ってしまうと感じていることが分かりました。
 

 調査の結果、労働者の多くは休暇を終えて仕事に戻った時点で、「前向きな気分になれた(68%)」「活力が回復した(66%)」「やる気が向上した(57%)」「ストレスが軽減した(57%)」といった気持ちの変化に加えて、「生産性が向上した(58%)」「仕事の質が向上した(55%)」などの回答がみられました。
 

 一方で、回答者の40%は「数日以内に」、24%は「復帰後すぐに」効果は消え去ったと回答していました。