ゲームなどをやり過ぎて、生活に悪影響が出ている人は「ゲーム障害」(ゲーム依存症)という病気。世界保健機関(WHO)は、ゲーム依存症を精神疾患の一つと位置づけました。
 

 依存が長く続くと脳の機能が低下し、感情がコントロールできなくなります。最近の厚生労働省の調査では、ネット依存が疑われる中高生は推定で52万人。多くはゲーム依存とみられます。
 

 使用機器は、スマートフォンが半分近くを占めますので、家族でスマホを使わない時間を作り、部活や習い事などで日常生活を充実させることが予防につながります。