健康な男女が15%のカロリー制限を2年間続けると、減量につながるだけでなく、寿命の延長に関連するバイオマーカーが改善し、老化の進行を抑えられる可能性のあることが分かり、研究の詳細が「Cell Metabolism」誌に掲載されました。

 カロリー制限を続けると深部体温が下がり、血糖値やインスリン値が低下し、代謝を調節するホルモン値や酸化ストレスも有意に低減。その結果、長生きにつながると報告しています。