米食品医薬品局(FDA)は、糖尿病網膜症を人工知能(AI)により診断する医療機器を初めて承認しました。

 承認された医療機器は「IDx-DR」(米IDx社が開発)と呼ばれるもので、人工知能のアルゴリズムを使って、眼底用カメラ「Topcon NW400」が撮影した眼底写真を解析するソフトウェアプログラムを搭載しています。

 IDx-DRによる軽度以上の糖尿病網膜症診断の感度は87.4%、特異度は89.5%であり、IDx-DRは画期的医療機器の指定を受けています。