進行性の乳がんを患い、抗がん剤治療が効かずにがん細胞が全身に広がっていた49歳の女性に対し、免疫系に働きかける実験的治療を施したところ、がんが完治したとの研究結果を、米国の研究チームが発表しました。
 

 医学誌ネイチャー・メディシン(Nature Medicine)に掲載された論文によると、研究チームは、女性の腫瘍から取り出したリンパ球を調べ、がん細胞に反応するリンパ球の種類を特定。特定されたリンパ球が研究室で再活性化され、免疫治療薬「免疫チェックポイント阻害剤」と共に体内に戻されました。
 

 女性は2年間にわたりがんのない状態を維持しており、末期乳がんに苦しむ患者の治療における「新たなアプローチ」として報告されています。