経験を積んだ皮膚科医よりも正確かつ迅速に悪性黒色腫(メラノーマ)を発見する人工知能(AI)の開発に成功したとする研究論文が、英医学誌「Annals of Oncology」に掲載されました。
 

 正確に悪性黒色腫と診断できた割合は、皮膚科医が平均で86.6%だったのに対し、AIは95%でありました。