1回の血液検査で8種類のがんの有無を判定できるCancerSEEKと呼ばれる新たな検査法を米ジョンズ・ホプキンス大学のグループが開発し、詳細が「Science」オンライン版に掲載されました。

 

 がんに関連する遺伝子変異とタンパク質を1回の血液検査で調べる「リキッドバイオプシー」という方法で、乳房、大腸、肺、卵巣、膵臓、胃、肝臓、食道のスクリーニングに有用でありました。

 

 今後、費用対効果を検証し、実用化となる見通し。