最も蚊に刺されやすい地域は中間所得者が多く住む地域であることが、米ケアリー生態系研究所のShannon LaDeau氏らによる研究から明らかになり、詳細が「Parasites & Vectors」オンライン版に掲載されました。

 

 デング熱など、蚊が媒介する伝染病を予防するため、そのメカニズムの解明が期待されます。