科学技術振興機構(JST)は、近赤外光の照射によりマウス脳内のアミロイドβペプチド(Αβ)の凝集体を減少させる光触媒の開発に成功したと発表し、研究成果が「Chem」オンライン速報版で公開されました。

 

 アミロイドβペプチド(Αβ)の凝集体は、アルツハイマー病の発症に深くかかわっている物質。

 

 今回の研究では、アルツハイマー病モデルマウスの脳内に触媒を投与し、近赤外光を照射したところ、脳内のΑβ凝集体の量が約半分に減少しました。