オーストラリアで、メロンが感染源とみられるリステリア症でこれまでに3人が死亡しました。

 

 リステリア菌は様々な食品から検出される細菌で、これを摂取することによって引き起こされるリステリア症は悪寒や発熱、筋肉痛といったインフルエンザに類似した症状を発症します。健康な人が感染症にかかることは少ないですが、高齢者や妊婦、糖尿病やがんなど重い疾患がある人たちには深刻な健康リスクとなります。

 

 ニューサウスウェールズ州保健当局の声明によると、リステリア菌に感染した15人は全員高齢者で大半が基礎疾患を持つ人たちであり、今までに計3人が死亡しました。感染源はニューサウスウェールズ州内の農場とみられています。