アルツハイマー病治療薬として開発中の「アデュカヌマブ(aducanumab)」が、厚生労働省の先駆け審査指定品目に指定されたことを、バイオジェン・ジャパン株式会社が発表しました。

 

 「先駆け審査指定制度」とは、一定の要件を満たす画期的な新薬などを、開発の早期段階から対象品目に指定し、新薬の迅速な実用化を図る制度です。

 

 アデュカヌマブは、脳内に凝集したアミロイドβだけを標的にするモノクローナル抗体です。アミロイドβは、アルツハイマー病の原因のひとつと言われています。現在、早期アルツハイマー病患者を対象に、認知機能や日常生活機能の低下抑制への有効性を確かめる第III相国際共同試験(ENGAGE試験、EMERGE試験)が進んでいます。