ロート製薬は、若年女性に特有の「甘いにおい」が体臭として存在することを発見しました。

 

 原因成分の「ラクトンC10(γ-デカラクトン)/ラクトンC11(γ-ウンデカラクトン)」は30代以降で減少するため、体臭の変化にも影響を与えるとみられます。また、原因成分が「女性らしさ」「若々しさ」「魅力度」に対する印象に好影響を与える可能性も確認。さらに、35歳付近にSWEET臭の曲がり角があることを突き止めました。

 

 女性の加齢臭は洗浄によって落とす対策が主流でしたが、原因成分の付与という新たなアプローチにつながる可能性があります。