米国での俗称で,ステーキをほとんど噛まずに飲み込んで詰まってしまうことからこの名前がついています。

 

 実際には、急いで食事をして、食道に食べものがひっかかった状態のことを言いますが、胸痛を訴えるため、医療現場では心筋梗塞と紛らわしいことがあり、CTをとってはじめて診断されることもあります。

 

 食べ物は、ゆっくり噛んで、よく味わってから飲み込みましょう。