大腸内視鏡検査を受けた2,548例の解析から―

 

 食物繊維の摂取およびアスピリンの服用は、大腸ポリープのリスク低下と関連することが、カナダAlberta Health Servicesの研究で明らかになりました。