米・University of California, San FranciscoのQurratul A. Warsi氏らは、米国人女性約600人を対象に実施した解析で、切迫性尿失禁に対する抗ムスカリン薬フェソテロジンの12週間投与は、尿失禁・夜間頻尿回数の減少、総合的な睡眠の質(睡眠時間および睡眠効率)の改善に関連することが示されたと、Obstet Gynecol誌オンライン版に報告しました。