パーキンソン病の患者は、健康な人に比べて血液中のカフェイン濃度が低いことを順天堂大学の斉木臣二らのグループが発見しました。新たな診断法や治療法の開発につながる可能性があります。

 

 パーキンソン病は手足が震えたり、体が動きにくくなるなどの症状が徐々に進行する病気。研究グループは、患者の血中カフェインに着目。患者108人と健康な人31人のカフェイン濃度を比較したところ、患者のカフェイン濃度は健康な人の3分の1程度しかなく、カフェイン関連9物質の濃度も低いことを発見。さらに、パーキンソン病の患者は小腸でカフェインを吸収する力が弱いため血中濃度が低くなり、発症リスクが高まると結論づけました。

 

 今後、カフェインを皮膚から吸収できる薬の開発も進めるそうです。