厚労省の副作用報告によると、昨シーズンにインフル治療薬を服用した患者のうち、飛び降りや転落につながる異常行動がタミフルで38件、リレンザで11件、イナビルで5件の計54件あったことが報告されました。薬を服用せずに異常行動を起こしたケースも複数ありました。厚生労働省は、対策として原則発熱後2日間は子どもを一人にしないよう求めていましたが、現実的に困難だとの指摘がありました。新たに(1)窓や玄関の施錠(2)窓に補助錠を設置(3)一戸建ての場合は1階に寝かせる―など、より効果が期待できる対策を盛り込むことを検討しています。なお、厚労省は2007年、10代へのタミフル投与を原則中止としています。