コレステロールはホルモンや細胞の膜の材料として体には不可欠ですが、使い切れないくらい多いと血管壁にたまって動脈硬化の原因になります。コレステロールの多い食品と言えば卵ですが、卵の摂取量と循環器系の病気の発症との間に関連性がないという研究報告が相次ぎ、以前からある「1日1個まで」という目標量は「十分な科学的根拠がない」ということになりました。

 

 コレステロールの8割は肝臓など体の中で作られ、食事から摂取されるのは2割です。そのため、1日2個ぐらいは食べて大丈夫ですが、食品のコレステロールの吸収は、人によって20~80%と個人差が大きいので、卵などを食べると体内のコレステロールが増えやすい人もいます。健康診断などで、コレステロールの値に気をつけましょう。