植物性食品を中心とした食事とアルカリ水

 胃酸の逆流によって喉のかすれや痛み、咳といった咽喉頭の症状が生じる病態は咽喉頭逆流症と呼ばれ、その治療には胃食道逆流症(GERD)の治療薬としても知られるプロトンポンプ阻害薬(PPI)が広く使用されている。こうした中、咽喉頭逆流症に対する治療として、植物性の食品を中心とした食事とアルカリ水による食事療法を実施したところ、PPIと匹敵する効果が認められたとする研究結果が明らかになり、詳細が「JAMA Otolaryngology--Head & Neck Surgery」9月7日オンライン版に掲載された。

 

 この研究は、米ニューヨーク医科大学耳鼻咽喉科のCraig Zalvan氏らが実施したもの。同氏らは今回、2010~2012年にPPIを用いた薬物療法を行った咽喉頭逆流症患者85人と、2013~2015年に食事療法を実施した咽喉頭逆流症患者99人の医療記録を比較した。

 

 食事療法は食事全体の90~95%を野菜や果物、全粒穀物、ナッツなどの植物性食品とし、肉類や乳製品などの動物性食品を5~10%以内に抑えた地中海風の食事を取るというもので、飲み物はアルカリ水(pH8超)に限定した。両群の全ての患者に対してコーヒーや紅茶、アルコール飲料、チョコレート、炭酸飲料、揚げ物、高脂肪食などを避けるといった基本的な食事の指導も行った。

 

 その結果、治療開始から6週間後に咽喉頭逆流症の症状スコア(Reflux Symptom Index ; RSI)が6点以上改善した患者の割合は、PPI治療群で54.1%、食事療法群では62.6%で、PPI治療に食事療法を上回る効果は認められなかった。今回の解析では両群の間に統計学的な有意差はなかったが、Zalvan氏は「食事療法の効果はPPIを上回るとは言えないが、少なくとも同程度だとは言える」としている。