東京杉並区、久我山でへバーデン結節(指の痛み)専門の治療院、三起均整院を開院しております、筒井朗晏です。へバーデン結節は病院では不治の病だといわれていますが、あることをすれば改善することがわかっています。その情報を書き続けていきたいと思います。

これは言い続けたいのですがヘバーデン結節はよくなります。

 

へバーデン結節の原因は腎臓のストレス、疲れが慢性的に起こると発症してしまいます。それを改善するには栄養、ストレス、体の歪みを同時に正す必要があります。今日は水の重要性についてお話いたします。コーヒー、紅茶、緑茶などはカフェインが入っておりますので腎臓を疲れさせます。腎臓を疲れさせないのは色のついていない水です。水は体の毒素を外に排出するためになくてはなりません。その量はWHOのフードピラミッドによりますと体重、季節にもよりますが1リットルから2リットル必要といわれています。皆さんも水をよく飲むようにしましょう。そうすれば毒素が早く外に出て手の痛みの止まるのも早くなります。