大阪杯の予想2017|出走予定馬と注目馬をピックアップ

2017/04/02(日)に、阪神競馬場・芝2000mで開催される産経大阪杯(G2)の出走馬情報や注目馬を選んで紹介していきます。競馬ファンの皆様の予想に立てれば幸いです。


テーマ:

4/2(日)に阪神11R・芝2000mにて

《大阪杯》が開催されます。

 

 

 

 

今年から春の古馬中距離戦線に新たな

G1として幕を開ける当レース。

 

 

記念すべき第1回目の開催には

 

・キタサンブラック

・マカヒキ

・サトノクラウン

 

といった非常に豪華な一線級が揃い

見ごたえのある一戦となった。

 

 

果たして2017年の覇者に輝くのは

一体どの馬なのか!?

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=========

大阪杯の出走馬

=========

 

 

枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手

1 1 ミッキーロケット 57.0 差 和田竜二

2 2 アングライフェン 57.0 追 岩田康誠

3 3 スズカデヴィアス 57.0 差 藤岡佑介

3 4 ステファノス 57.0 差 川田将雅

4 5 キタサンブラック 57.0 先 武豊

4 6 サクラアンプルール 57.0 差 横山典弘

5 7 サトノクラウン 57.0 先 デムーロ

5 8 ロードヴァンドール 57.0 逃 太宰啓介

6 9 ディサイファ 57.0 差 四位洋文

6 10 モンドインテロ 57.0 差 内田博幸

7 11 マルターズアポジー 57.0 逃 武士沢友治

7 12 アンビシャス 57.0 差 福永祐一

8 13 ヤマカツエース 57.0 差 池添謙一

8 14 マカヒキ 57.0 差 ルメール

 

 

以上、出走馬14頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

==============

人気上位が予想される注目馬

==============

 

 

キタサンブラック

 

天皇賞・春とジャパンCを制し

昨年の年度代表馬に輝いた。

 

昨年はここで武豊騎手と

初コンビを結成したが、

アンビシャスのマークにあい

あえなく2着に敗れている。

 

だが、あれから1年。

 

着実にビックタイトルを積み上げ

年度代表馬にまで成長を遂げた。

 

絶対王者が昨年の雪辱を晴らし

4つ目のタイトル獲得を狙う。

 

 

マカヒキ

 

昨年のダービー馬。

 

秋には凱旋門賞にも挑戦したが

14着と大敗を喫してしまった。

 

それ以来のレースとなった前走の

京都記念でも3着に敗れてしまったが、

今回は一叩きしたことで良化が見込める。

 

先週もドバイターフ、高松宮記念、

そして日経賞で活躍した4歳世代。

 

その頂点に立った実力をここで見せつけたい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

サトノクラウン

 

昨年末の香港ヴァーズで

世界屈指のハイランドリールを下し

待望のG1初制覇を飾った。

 

続く京都記念でも前年ダービー馬の

マカヒキを撃破して連覇達成。

 

昨春以降3戦の不振から完全復活を遂げた。

 

今回は更なる上積みが見込めるし

国内のG1初奪取も十分に可能だ。

 

世界を制した実力を証明したい。

 

 

ヤマカツエース

 

金鯱賞を連覇して重賞5勝目。

 

暮れの有馬記念でも、

距離延長が不安視されていたが

0.3秒差の4着と大健闘。

 

今回は舞台適性も高いので

馬場・展開次第では

一発あってもおかしくない。

 

念願のG1タイトルは、もう手が届くところにある。

 

 

アンビシャス

 

昨年の大阪杯でキタサンブラックを

撃破し勝利を遂げた。

 

横山騎手のあっと驚く先行策からの

押し切りで非常に強い内容だった。

 

ただ、昨年は別定戦で

斤量差が2kgあっての勝利。

 

今年からは定量戦で開催され

全ての馬が57kgで出走する。

 

大きく崩れることはなさそうだが、

勝ち切るのは厳しいか。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

============

過去10年のデータ考察

============

 

 

まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。

 

 

~~~~~~~~~

人気データ考察

~~~~~~~~~

 

1番人気【4-3-2-1】

2番人気【2-2-1-5】

3番人気【1-0-1-8】

4番人気【1-0-3-6】

5番人気【0-1-1-8】

6番人気【2-1-1-6】

7~9番人気【0-3-1-25】

10番人気以下【0-0-0-31】

 

 

1番人気が非常に堅実なレース。

 

また、相手には6~9番人気の中穴が

多く馬券に絡んでいる。

 

ただし、近5年の好走馬はすべて

6番人気以内と堅い結果なので注意。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

~~~~~~~~

枠データ考察

~~~~~~~~

 

1枠【0-0-0-10】

2枠【0-0-2-9】

3枠【2-2-1-8】

4枠【1-0-1-11】

5枠【1-3-1-11】

6枠【1-1-3-14】

7枠【3-2-1-13】

8枠【2-2-1-14】

 

 

1~2枠を引いた馬は連対を

一度も果たせていない。

 

 

~~~~~~~~~

脚質データ考察

~~~~~~~~~

 

逃げ【1-2-1-6】

先行【3-4-4-27】

差し【3-2-4-34】

追込【3-2-1-23】

 

 

コーナー4つを回るため、

極端にペースは早くならず

逃げ・先行が残りやすい。

 

ただし、同レースに限って見れば

差し・追込みの活躍が目立つ。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

==========

予想情報局の総括

==========

 

 

大阪杯は阪神芝2000mでおこなわれる。

 

 

過去10年のデータを見ていくと

 

G1馬、G1連対馬、G2勝ち馬などの

重賞実績がある馬が好成績を残しており

レベルの高いレースである事が分かる。

 

 

その中でも中心となるのが4・5歳馬で

7歳以上の馬になると[0-1-0-29]と

過去10年で1連対のみ。

 

 

また、前走G3・OP特別・条件戦だった馬で

3番人気以下だった馬も同様に苦戦傾向。

 

 

前走の着順別で見てみていくと

勝ち馬ではなく2・3着だった馬が

好成績を残している。

 

 

脚質別でみると逃げ・先行が若干有利で

4コーナーでしっかり上がっていける馬が良い。

 

 

よって、馬の脚質、前走での人気と

~~~~~~~~~~~~~~~~

着順を中心に予想したいと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【キタサンブラック

 

 

前走は有馬記念2着だったが、

G1を3勝した年度代表馬。

 

先行できる脚質も相性が良い。

 

 

対抗は【サトノクラウン

 

 

前走・京都記念を快勝。

 

素質馬の開花を予感させる。

 

 

以上を加味した馬券戦略は

 

◎:キタサンブラック

◯:サトノクラウン

▲:ヤマカツエース

△:マカヒキ

△:アンビシャス

 

 

◎、〇を中心に勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

その他の最新の競馬ニュースは下記から

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら、ブログ更新させて頂きます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。