不調のトップは目の疲れ 〜そこから見えてくることの巻〜 | 自分のことを好きになる漢方薬局 田中智行のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

自分のことを好きになる漢方薬局 田中智行のブログ

カラダがととのうとココロがととのう
カラダとココロが調和すると自然と自分のことを好きになってくる
そんな思いをカウンセリングと漢方を通じて広げていきます

こんにちは!

自分のことを好きになる漢方薬局

『ちぎょうの漢方』ワクワク漢方薬剤師

たなとも先生こと田中智行でございます

 

今日は症状の話

 

緑を見ながら深呼吸

 

木を見ながら森も見る 田中です

 

心身不調のトップは目の疲れ

 

ほうほう

そうなんやね

 

ツムラさんが調べたコロナ禍での不調

20〜40代男女の調査らしい

ありがとうございます!

 

他にはね

男性よりも女性の方が不調を感じやすかったみたい

そんな話はまた今度

 

目の疲れというと

コロナでリモートワーク

みたいな言葉がぴったり来る

 

使いすぎて目の疲れ的な

 

確かにそれもある

うんうん あると思います

 

でもね

東洋医学的には少し違う見方もあるよ

 

それはね

強いストレス

 

肝は目に開竅(かいきょう)す

 

肝は目と深い関係があるよってこと

 

ストレスは肝が受け止めてくれる

 

受け止めてくれるんやけど

それが長く続くと負担となってしまう

 

そうするとね

肝の負担が目の負担になるってわけ

 

直接的な目の負担

それもあるんやけれども

 

間接的な目の負担

カラダ全体を見た時に

そっちの原因のほうが大きいことが多いよ

 

ちなみにね

1位 目の疲れ

2位 疲れ だるさ

3位 肩こり

4位 イライラ

5位 頭痛

 

うーむ

全てに肝が関わっているようにもみえる

 

体調をととのえるときにね

どこに負担がかかっているのか

 

そんなんがわかるとカラダも楽になりやすいよ

詳しくはセミナーやカウンセリングでお話

 

こんな時期だからこそ

楽しくワクワクで乗り切っていこうね

 

追伸

 

目の疲れがなくなりました

爪がツヤツヤになりました

イライラしなくなりました

 

こんなふうに言ってくれる人多いです

 

全部違う症状だけれども

全部つながっている症状

 

整体観

 

木を見て森を見ず

って言葉があるけれども

 

東洋医学では

木を見ながら森も見る

森を見ながら木も見る

 

一つひとつの症状を観ていきながら

カラダ全体が調和するように観ていく

 

ほうほう

東洋医学はそんなふうに観ていくんだね

 

そんな東洋医学の考え方

 

なんかいいよね

ワクワクしてくるよね

 

うーむ

だからなんだねー

なんのこと?

 

そんな風に思ったハッピーフライデー

最後までお読み頂きありがとうございます

すばらしい週末をお過ごしくださいませ

 

さぁ、今日もワクワクな1日をいってみよー

 

HPものぞいてみてね↑